引掛シーリングローゼットの種類と特徴

家の照明はどのようにして付けられているか知っていますか? 多くの照明は「引掛シーリングローゼット」というものに取り付けられます。

シーリングライトの金具を、この引掛シーリングローゼットに差し込んで回すと固定されます。名前の通りシーリングローゼットにシーリングライトの金具を引っ掛けるように付けているわけです。

取り付けの金具は照明器具の電源供給を兼ねています。差し込んで照明機器を40度ほど回すだけで固定され、使えるようになります。引っ掛けシーリングローゼットは、引っ掛けシーリングコンセントとも呼ばれることがあります。

新居で引掛シーリングローゼットを取り付けてもらい、入居後に自分で照明を購入して取り付ける場合は、対応する照明器具を購入すれば簡単に取り付けられます。今ある照明を交換したい場合なども、引掛シーリングローゼットの形状にあった照明器具を購入すれば、取り付けることができます。

引掛けシーリングローゼットとは

日本工業規格(JIS規格)「JIS C 8310」に「シーリングローゼット」の定義が示されています。

引掛シーリングローゼット  引掛シーリングキャップと引掛シーリングボディで構成され,引掛シーリングキャップの引掛刃で引掛シーリングボディの引掛刃用刃受部にかん合することによって,電気的及び機械的に接続ができるようにしたもの。

簡単に説明すると、家庭用100Ⅴコンセントはプラグの形状が統一されていて、それに差し込むことで電気が流れて、冷蔵庫やテレビなどを使うことができます。

引掛けシーリングローゼットは一般的な100Ⅴコンセントと同じように、シーリングローゼットに照明の電源を差し込むことで、照明が使えるようになります。

照明用の差込口は統一されていて、どの照明機器も取り付けることができるようになっています。

ただし差込口は同一ですが、キャップの形状が何種類もあり、キャップの種類が違うと、購入した製品が取り付けられないのではないかと不安になる方もいると思います。

まずはキャップの形状の違いによるシーリングローゼットの種類を説明しておきます。

引掛シーリングローゼットは主に5種類

一般的な引掛シーリングローゼットは、現在5種類に分けられます。

角型

角型のコンセントに照明を取り付けるタイプです。最も古くからあるタイプです。 コンパクトではありますが、照明との接触面が少ないので、安定しにくいデメリットがあります。  

丸型

丸型のコンセントです。

角型よりも照明機器との接地面が多いため、照明機器が安定します。

ツバ付き丸型

丸型の縁に、つばが付いている物です。

ツバ付き埋込型

二ヶ所に出ている取り付け金具に、照明をネジで固定できます。

このため引っかけシーリングローゼットの中では、最強の耐荷重を持ちます。

丸形埋め込み型

上記のツバ付き埋込型に対し、でっぱりのないものになります。耐荷重は同等ですが、取付けが特殊な場合のみ使われます。

引掛シーリングローゼットについて

引掛シーリングローゼットの電源供給の金具は、すべてどんなタイプでも同じ形状です。小型の物は電源供給用の金具で照明を吊り下げます。

ただし重いものは金具だけで支えるには不安が出ますから、天井にしっかりと固定しなければなりません。角型や丸型、つば付き丸型は、それだけでは5kgほどもある重いシーリングライトを取り付けることはできません。

そのため重いシーリングライトにはプラケットが付属しています。例えばツバ付き埋め込み型では、図のようなブラケットをローゼットのまわりに取り付けます。

ツバ付き丸型を例に出して紹介していますが、シーリングライトは重いものでもほとんどどの形状の引っ掛けシーリングローゼットでも付けられるようなブラケットが付属しています。

パナソニックやコイズミの照明器具を購入する場合は、どのような引掛シーリングローゼットならば取り付けができるのか、すべて説明がされています。

引掛シーリングローゼットに小型の照明取り付け

海外製の安いシーリングライトなどをインターネットで購入した場合は、説明がないことが多いです。しかし下画像のように、小型の物ならばほとんどどの引掛シーリングローゼットでも取り付けられます。

照明本体を別で支えることなく、照明に付いている金具で支えることができる小型のタイプの物ならば、どんなタイプの引掛シーリングローゼットでも付けられます。

ただし物によっては照明と天井に少し隙間ができることもあります。この点だけ注意してください。

現在、引掛けシーリングローゼットはツバ付き丸型が主流

現在ではツバ付き丸形のシーリングローゼットが主流です。理由は、小型の照明ならばそのまま金具をはめ込むだけで取り付けることができる容易さがありますし、大型の照明は付属品やブラケットを追加することで、問題なく取り付けることができるからです。

つば付き丸形のシーリングローゼットが付けられていれば、耐荷重にだけ注意すれば、今売られているシーリングライトのほとんどの物が取り付けられるのです。

新築したわが家はシーリングローゼットだけを付けておき、入居後に照明を購入して自分で取り付けています。その記事が以下のリンク先にありますので、興味のある方は是非ご覧ください。

一条工務店LEDキャンペーンと我が家の照明選択

2019.07.19

また、シーリングローゼットが角型などの一昔前の物が取り付けられている場合、シーリングローゼット自体を交換してしまうという方法もあります。

この場合は電気工事士の資格が必要になりますので、店に頼むか資格を持っている知り合いにお願いする必要があります。

まとめ

新居で照明を付ける場合、今ではダウンライトを付けることも多いですね。しかしウォークインクローゼットやシューズクロークなどの照明は、おしゃれさなどは必要ないこともあるはずです。

そのような場合、ツバ付き丸形のシーリングローゼットを付けておけば、安価なシーリングライトを購入して取り付けることができます。

建築費用を節約するためにも、安価なシーリングライトが取り付けられる準備をしておくことを考えてみませんか?

新築のわが家に取り付けたおしゃれなシーリングライトの紹介記事が以下のリンク先にあります。興味のある方はご覧ください。👇

リビング照明 自分でファンライトを取り付けて大満足です!

2018.07.21

ダイニング照明 安価でおしゃれな物を見つけました!

2018.07.08

新築時にはダウンライトを付けることが中心になりつつあります。確かにダウンライトはおしゃれです。天井に照明機器の出っ張りもなく、フラットな天井になってすっきりします。ダウンライトを新築時に付けるメリットはたくさんあります。

しかしダウンライトも、光の広がりがないため、付ける位置を間違えると、明るすぎる場所や明るさが足りない場所が出てきます。

簡単に照明機器を取り換えられる、シーリングローゼットを付けておき、後から好きな照明を選ぶ方が、満足できる家になることもあります。

これから家を建てる方は、それも考慮しながら家づくりを考えてみてはいかがでしょうか?

まだどこで家を建てるか決まっていない方は、どこで家を建てるべきなのか書いた記事がありますので、ぜひお読みください。👇

家を建てる時、工務店ではなくハウスメーカーを選ぶ理由があります

2019.10.22