工務店ではなくハウスメーカーを選ぶ理由

私は工務店ではなく、大手ハウスメーカーで家を建てました。ハウスメーカーと工務店、どちらと契約して家を建てるか悩んでいる方も多いと思います。

そのような方のために、ハウスメーカーを選ぶべき理由をまとめてみました。

工務店と契約するメリット

他の記事でも書いていますが、工務店と契約するメリットはあります。

  1. 広告費用が掛からないため、安い見積もりを提示してもらえる。
  2. 地域密着で問題を迅速に解決してもらえる可能性がある。
  3. ハウスメーカーほど制約がないため、間取りやデザインなどが客の要望に応えてもらえる可能性が上がる。
  4. 問題ない程度に傷のついた新品を、格安で取り付けることにより建築費用を下げてもらえることがある。

工務店ではこのようなメリットがあることは、考えておく必要があります。

工務店のメリットについて

インターネットで情報を集めると、以上のようなメリットがあることを知ることができます。

しかしこれらについて、私の考えを述べさせていただきます。

1)広告費用が掛からないから工務店が安いという意見について

確かにハウスメーカーは住宅展示場を持ち、その維持経費も掛かります。また営業社員の給料も必要になります。その他広告費用も掛かっています。

これらが必要ない地元の工務店は、安いイメージがあるかもしれません。

しかしハウスメーカーでもコストダウン履いています。設備などを大量発注、大量購入しているため、単価をかなり下げることができます。

また、上棟後の工事も徹底的に簡素化することで、建築時間も工務店の2/3くらいで終わることが一般的です。

それらのため、同じ家を建てた場合の費用は、それほど変わらないと考えています。

2)地域密着で問題を迅速に解決してくれるという意見について

工務店にも様々なところがあり、地域密着だからとすぐに行動してくれるとは限らないのではないでしょうか。

ハウスメーカーで対応が悪いと、すぐにインターネットで悪評が拡散されてしまいます。

しかし工務店は、客も少なくインターネットに文句を書き込んでも、誰にもわからないし、誰も興味を持ちません。

そのようなことから、客に対してぞんざいな大度を取っても、マイナスになりにくいため動きが悪くなるかもしれません。

工務店だからといって、問題に対する対応がいいとは限らないのです。

3)工務店の方が間取りやデザインは客の要望に応えやすいことについて

これは間違いないことだと思います。

ハウスメーカーでは基準を変えて家を建てることはできません。柔軟に対応してくれる工務店を選べば、かなり客のニーズに沿ったデザインの家が建つ可能性はあります。

しかし自由度が高いことは、必ずしもいいことではないと思っています。特に耐震強度については、「計算上の」強度ぎりぎりの家を建てることも可能です。

大きな掃出し窓のある家を望んで、それが実現したとします。しかし耐震強度の基準はどのくらいなのでしょうか。

国の基準ぎりぎりの場合、大きな地震が来た時に倒壊するかもしれません。

基準がないということは、どんな材料でも使えるということです。

値段を下げるために安い木材を使うことも自由です。家を建てて壁を作ってしまえば、壁の中の柱の様子はわかりません。

国に提出する構造計算の書類と違う家になっていても、わからないのです。

ハウスメーカーで家を建てれば、手抜き工事だけは絶対にないとは言えません。

しかし材料を規定と違うものを使ったり、壁の中の梁が少ないなどのことは、ほとんどないと考えられます。

工場で一括して生産しているためです。材料や構造に問題がある家を建てられる可能性は、ハウスメーカーの方が格段に少なくなるのです。

4)工務店が傷物の新品を入れて価格を下げられるということについて

これは、工務店でないとできません。

私の実家も、ステンレスの浴槽を入れる時、大工さんが傷のある浴槽を探してきて、値段を下げて取り付けてくれました。

このようなことはハウスメーカーではまずできないことでしょう。このようなコストダウンができるのは、工務店ならではです。

 

以上のように、工務店のメリットについては、私はあまり多くないと考えています。

特に間取りの自由度が高いことは、強度の低下につながることが多いことは忘れてはいけないのです。

ハウスメーカーのメリット

ハウスメーカーを選ぶメリットは、実はたくさんあります。

工場でかなりのところまで作り込んで運ぶため、現場で行う作業が少ない。

これはかなりのメリットです。工事期間が短くなることはすでに挙げましたが、それ以外にも、工事ミスが少なくなることが大きなメリットです。

インターネット上の情報では、ハウスメーカーも工務店も、工事するのは工務店だから同じクオリティーの家が建つという意見がありました。しかしまったく違います。

今ではハウスメーカーは、できる限りで工事を簡素化するように、徹底的な合理化を図っています。

工程が少なく仕事量も少ないため、ミスの確率も減ります。

また、私の家を建てた時の建築現場ですが、細かいところまで大工さんに指示があります。

このように明確に作業方法を記すことで、施工ミスをする確率は、かなり少なくなっていると言っていいでしょう。

大工さんへの注意書き

第三者に見られる意識が高品質を生む

大手ハウスメーカーの仕事は、大工さんたちも人気です。仕事を取りたいと必死になって作業します。

その結果、しっかりした工事がされることになります。

工事期間にはハウスメーカーの監督さんが、定期的に仕事のチェックも行いますから、手抜きはできません。

第三者にチェックされることを意識すると、仕事はいい加減に行うことができない心境になります。

自由度が高くない代わりに、耐震強度はすばらしい

ハウスメーカーの鉄骨住宅や2×4工法の家は、自由度が高くない代わりに、耐震強度が素晴らしい家が建つことが多いです。

自由度が高くないということは、安易に大きな窓を付けたり、構造上重要な壁を減らしたりできません。

この結果、とても高い耐震強度が得られます。

開発費に費用を掛けているため、工務店より高性能の家が建つ

ハウスメーカーの開発費用は、工務店とは比べ物になりません。

工務店が柱を立てて家を作る在来工法がほとんどであるのに対し、ハウスメーカーは2×4工法や鉄骨住宅が選べます。

そしてそれらの家には、多くのテクノロジーが行かされています。これは大手ハウスメーカーでないとできないことです。

住んでしまえば違いは分からないかもしれませんが、地震の時にはそれらのテクノロジーが生きて、倒壊率も低くなるという報告もあります。

ハウスメーカーは高い?

大手ハウスメーカーは高いと思われる方もいるでしょう。

しかしローコストハウスメーカーというカテゴリーがあり、そこに該当するハウスメーカーは、とても安価な坪単価で家を建てることができるのです。

タマホームやレオハウスと聞くと、聞いたことがある方がほとんどだと思います。それらのローコストハウスメーカーは、安い工務店に負けないプランを提供してもらえるのです。

まとめ

以上のように、ハウスメーカーで家を建てるメリットはとてもたくさんあります。

それ以外にも、大手のハウスメーカーで立てたことは、何がなくとも自慢できるようなイメージもあり、満足感も増すことがあるでしょう。

工務店の関係者の方たちには申し訳ないのですが、やはり家を建てるならハウスメーカーを選ばれることをお勧めします。

どのハウスメーカーで家を建てるか、迷われている方は【タウンライフ家づくり】のサービスをお勧めします。

このサービスは、複数のハウスメーカーからカタログがもらえて、間取り作成と見積もりも出してもらえます。

すべて無料でやってもらえるので、どこで家を建てるのか迷っている方や、まだ家を建てること以外何も決めていない方には、うってつけのサービスです。

👉 タウンライフ家づくりを利用してみる

 

家を建てることを考えたら、このサービスを始めの第一歩として利用されてはいかがでしょうか。

なお、家を建てる時に最初に考えるべきことについて記事を書いています。よろしければご覧ください。

内部リンク 【新築】家を建てようと考えたら行うべきこと

内部リンク ハウスメーカーと工務店の違い