ハウスメーカーと工務店の違い 【家を建てようと考えた時に読む記事】

工務店とハウスメーカー、どちらと契約して家を建てるべきなのでしょうか?

家を建てようと思った時、ハウスメーカーと地元の工務店のどちらにするか、まず最初に迷う方が多いと思います。家を建てることは一生に何度もしない大きなイベントです。自分に合ったところと契約したいですよね。

ハウスメーカーと工務店にはどんな違いがあるか知ることで、どちらと契約することが自分にとってベストなのか判断できます。

家を建てようと考えたばかりの方は、基礎知識としてぜひこの記事をお読みください。

ハウスメーカーと工務店について

そもそもハウスメーカーと工務店の違いはどこにあるのでしょうか。

一般的には全国規模で営業を行っており、住宅展示場を持っているのがハウスメーカーで、営業範囲が狭く住宅展示場もないところは工務店と言われています。

工務店と名が付いていても、住宅展示場を持った大規模なところもあります。一条工務店は工務店という名前が付いていますが、全国規模の住宅会社であり、建築戸数も2018年は業界一位でした。一条工務店は名前は工務店ですが、ハウスメーカーとするべきです。

その他にも住宅展示場を持っている工務店もあります。ハウスメーカーと工務店の境を決めるのは難しいことも多いです。

この記事では、広告も地元のチラシ程度で大々的な広告しておらず、住宅展示場もない地元密着の工務店の規模の小さな建築会社のことを、「工務店」とさせていただきます。

ハウスメーカーと工務店のどちらで建てるか迷う方も多いでしょう。かかる費用では、ハウスメーカーよりも工務店の方が安くなることが多いです。

安い費用に惹かれて、地元の工務店で家を建てることにした人は多いです。

ただし費用が安いからだけで工務店と契約する前に、どうして工務店の方がハウスメーカーよりも安く家を建てられるのかを知る必要があります。

なぜ工務店は安い?

広告費が掛からない

テレビなどのCMを行うことのない工務店は、広告費用が掛かりません。一説にはハウスメーカーの広告費は、総費用の・・%が広告費だと言われています。広角費用が掛からない工務店は、建築費用がハウスメーカーに比べて安くなります。

住宅展示場の維持費や人件費がない

住宅展示場がない工務店がほとんどです。ハウスメーカーには住宅展示場の維持費や人件費が掛かっています。これがないことも、工務店で家を建てると安くなる理由の一つです。

会社の基準がないので安い材料を選ぶことができる

ここが一番重要なことです。工務店は、どこに何を使わなければならないという基準がないところも多いです。窓ガラス、断熱材、床材、屋根材など、手に入ればいくらでも安価なものが選べるのが工務店です。そのため安価に家を建てられます。

私の建てた一条工務店では、建築費用を下げてもらうために、窓ガラスをやすいものに変えたり、断熱材をグレードダウンしたりすることができません。そのために一定の品質の家が建てられるのです。しかし地元の工務店では、その気になれば安い材料を使って家を建てることができます。予算が足りない人にはとてもありがたいのですが、安価に家を建てれば、その分だけ性能も落ちます。当たり前のことですが、このことはしっかりと理解しておきたいところです。もちろん高性能な材料を使えば性能の高い家を建てられることも忘れてはいけません。

ハウスメーカーと契約することのメリット

それではお金を掛ければ高性能な家が建ち、予算が少なければ安価に家が建てられる工務店の方が、予算に応じて柔軟に対応してもらえるで、すべてにおいていいのではないかと考える方もいるでしょう。しかしハウスメーカーを選ぶことで得られるメリットももちろんあります。

建築期間が短い

建築時間は、ハウスメーカーの方が圧倒的に速いです。理由は、組み立てやすいパーツを大量生産しているため、作業工程が簡素化されているためです。

建築期間が短いことで得られる恩恵は、賃貸住宅の賃貸料を節約できることが挙げられます。2ヶ月完成までの期間が早くなれば、賃貸住宅で暮らしている方は、賃貸費用が2ヶ月分浮きます。8万の賃貸住宅であれば、2ヶ月で16万も節約できます。

2×4工法の住宅を建てられる

工務店の建築方法は、圧倒時に在来工法が多いです。2×4工法は、少し規模の大きな工務店ならばできますが、地域密着の小規模な工務店ではできません。

建築方法から考えると、2×4工法は気密性を上げることができます。工務店では在来工法がほとんどのため、気密性の高い住宅を建てるには、2×4工法のハウスメーカーの方が有利です。

鉄骨住宅が建てられる

鉄骨住宅は、小規模の工務店では絶対に建てられません。鉄骨住宅を建てたいと考える方は、鉄骨系のラインナップを持ったハウスメーカーを選ぶしかありません。

ブランドイメージでの満足感がある

誰でも知っているハウスメーカーの高級住宅を建てた場合、ブランドイメージによる高い満足感を得られます。気にする日とはとても気にすることですが、ブランドに興味のない人は特に重要なことではないですね。

品質にばらつきが少ない

ハウスメーカーは少しでも現場での建築工程を減らそうと努力しています。そのため出来上がったものを組み立てるだけというイメージの家も多いです。その場合、建てられた家の品質にばらつきが少なくなります。

作業工程が少なく簡略化された方が、ミスによる欠陥住宅になる可能性が減ることは間違いありません。

設備を安価で入れられる

ハウスメーカーで家を建てるメリットは、設備などを安価に入れられることが挙げられます。

私の契約した一条工務店では、キッチンやカップボード、洗面台やオープン階段などの設備だけでなく、窓ガラスやサッシまでも自社生産しています。そのため設備の単価が安くできて、高性能な物を入れられます。

一条工務店ではない大手のハウスメーカーも、キッチンなどの設備のメーカーから大量に仕入れることで、安価に物を手に入れることができます。その分の費用を抑えることができるのです。これは地元の工務店では真似できないことです。

工務店とハウスメーカー

広告費や展示場維持費、よけいな人件費がかかる分、ハウスメーカーは建築費用が上がります。

しかし設備を安価に仕入れることができますし、各パーツを大量生産することでコストダウンが図れます。

ハウスメーカーは工務店に比べて余計な経費が掛かりますが、工務店よりもコストダウンはできるのです。

これらを考えてみると、まったく同じ家を建てたら、どちらも同じくらいの建築費になるのかもしれません。

建築費用を徹底的に下げたいと考える方は、工務店で安い材料を使って家を建てるか、ローコストハウスメーカーを選ぶかで迷うことになります。

まずは様々なハウスメーカーの、建築費用の相場を知ることから始め、その相場を元に工務店を回ってみることがいいでしょう。

最初に工務店を回ると、具体的な間取りやかかる費用の見積もりが、はっきりしないことが多いからです。

どちらを選ぶべきなのか

これはとても難しいです。建築費用を徹底的に下げたいと考える方は、工務店で安い材料を使って家を建てるか、ローコストハウスメーカーを選ぶかで迷うことになります。

まずは様々なハウスメーカーの、建築費用の相場を知ることから始め、その相場を元に工務店を回ってみることがいいでしょう。

最初に工務店を回ると、具体的な間取りやかかる費用の見積もりが、はっきりしないことが多いからです。

悩まれている方は、まず最初にハウスメーカーの展示場を回ってみることもお勧めです。

おすすめサービス紹介

家づくりを考えている方に、おすすめサービスの紹介です。

展示場を回る前に、家についての情報が欲しい方や、家づくりのプランについて勉強したい方は、タウンライフ家づくりのサービスを利用してはいかがでしょうか。

このサービスは、簡単に必要事項を入力するだけで、無料でカタログがもらえて、間取りプランの作成もしてもらえるし、資金計画も考えらもらえます。また、土地探しまでしてもらえる、至れり尽くせりのサービスなのです。

住宅展示場に出向くことなく、自宅にいながら家づくりを始められる、お勧めのサービスです。

▷ タウンライフ家づくりを利用してみる

家は高価な買い物ですから、最初は無料サービスをうまく使いこなし、基礎知識を得ることが大切ですよ。