無線LAN中継器があると快適 一条工務店i-smart

一条工務店のi-smartでは、無線LANの電波が階を隔てると飛びにくいと言われています。

二階の寝室ウォークインクローゼット内に、情報ボックスを取り付け、そこから無線ルーターで電波を飛ばしています。言われている通り、我が家でも一階の電波状況があまりよくありません。改善のため、無線LAN中継器を購入して設置しました。

無線LANの電波を阻害する一条工務店の床暖房

一条工務店では床暖房がすべての部屋や廊下に設置されています。床暖房が設置されている部分には、アルミが貼られています。

床暖房配管

床全体にびっしりと貼られたアルミがあるため、wihiの電波が階を超えるとあまり届かないとのことです。

我が家ではルーターから最も遠い一階トイレに行くと、電波状況は非常に悪く、インターネットの速度が遅すぎて快適ではありませんでした。

無線LAN中継器が必要な我が家の間取り

我が家では二階に無線ルーターが設置されています。

床暖房で無線が床を越えていかないと考えると、一階のトイレまでは階段の吹き抜けを回り込んで行くため、9m以上の距離があります。

二階から一階までの電波の流れ

このような状況では、家内に電波状態の悪い場所ができても仕方がないところです。無線LAN中継器が必要なのは当然のことでした。

無線LAN中継器

無線LAN中継器はいろいろな種類があります。

3,000円ほどで買える製品もありますが、安価な製品の中には、導入しても速度があまり改善されないこともあります。

選ぶポイントは、いろいろありますが、現在の環境で問題なく使えることはもちろんのこと、今後環境が変わっても使い続けられるものを選んでおくと、買い替えも必要なくなります。家は建てたら間取りを大きく変えることは難しいので、無線LAN中継器が必要な家は、これからもずっと必要なままである可能性はあります。

それも考えて、ハイスペックな製品を選んでおくと後々まで後悔することがないと考えました。

Wihiの通信規格表

Wihiの通信規格は上記の表の通りです。5GHzの11acが最も速い通信規格です。我が家ではパソコンやスマートホンが11acに対応しているため、この通信規格が使える機種を選ぶとストレスなく高速で通信ができます。

購入したTP-LINKの『RE650』

購入してから「使ってみたら思ったより通信環境が改善されなかった」ということは意外に多いようです。そのため少々オーバースペックと思われても、これを選んでおけば間違いないと自信を持って言える製品を購入することにしました。

選んだのはTP-LINKの『RE650』です。

様々な通信規格が使えることに加えて、高性能なCPUが搭載されていることも購入動機のひとつでした。無線LAN中継器はパソコンやスマートホンと同様にCPUが搭載されています。RE650は880MHzのデュアルコアCPUを搭載しているので、処理速度も速いので複雑な処理をこなすことができます。他の機種とは一味違う、ハイスペックの無線LAN中継器なのです。

この機種を購入しましたが、ハイスペック機であるがゆえに、思っていたよりも大きいです。しかしデザインは決して悪いものではありませんので、廊下に取り付けてもすぐに違和感がなくなるのではないでしょうか?

無線LAN中継器

LAN中継器を設置するために

これは間取り打ち合わせをしている方に考えておいていただきたいことですが、LAN中継器が必要かどうか、あらかじめ考えておくべきなのです。

一条工務店のi-smartでは、全館床暖房になっており、間取りによってはLAN中継器を設置したほうが快適になることが多いです。

二階の主寝室から無線を飛ばす場合、リビング吹き抜けになっている場合は、LAN中継器は必要ないかもしれません。一条工務店のi-smartのブロガーさんたちが、LAN中継器をあまり使用していないのは、そんな理由があると考えられます。様々なブロガーさんの間取りを確認して、LAN中継器を付けていない方と同じような間取りになると思える方は、LAN中継器を付けなくてもいいかもしれません。

間取り打ち合わせ中に、LAN中継器が必要かどうかを判断するべきですが、その理由は、LAN中継器を使うには、コンセントが必要だからです。

あらかじめどこに設置するのか決めておき、その場所にコンセントを付ける必要があるのです。

またLAN中継器は以外に目立つ物であり、廊下につけてあれば気になる人もいるでしょう。目立たない場所にLAN中継器を付けることを考えて、コンセントの位置もしっかり検討したほうがいいのです。

ちなみに我が家は、間取り的に絶対にLAN中継器が必要だと考えていたので、オープンステア下の目立たない位置に、LAN中継器用のコンセントを付けておきました。

階段下に無線LAN中継器設置

家の中心に吹き抜けがない間取りなどで、無線LANの電波が家中にしっかり届くかどうか不安な方は、無線LAN中継器を設置することを考えて、あらかじめコンセントを用意しておくことが必要です。

改善状態

スマートホンの電波受信状態は、無線LAN中継器を設置するまでは、表示が最小でかろうじて電波が届いている程度でしたが、現在では受信表示はMAXになっています。

電波状況は大きく改善されました。

一条工務店では標準で全館床暖房が付けられます。家の中で電波状況が悪いと考えている方は、ぜひTP-LINKの『RE650』を設置してみてください。