おすすめ品

シューズストレッチャーで靴を大きくすることはできる? ジョギングシューズを伸ばしてみました

買った靴が小さくて履けない場合、あきらめるしかないと思うかもしれません。高価なうえにとても気に入った靴であれば、何とかそれを履くことはできないかと考えるのは普通の心理ですよね。

そのような気持ちを持っている方には、シューズストレッチャーを使ってみませんか?

シューズストレッチャーは、小さな靴を伸ばしてくれる手軽な道具です。

シューズストレッチャーとは?

シューズストレッチャーとは、靴の中に入れて幅や長さを伸ばす器具です。

基本的に革製の靴を伸ばすための物です。

私が購入したシューズストレッチャーは以下のものです。

靴の中に入れた後、レバーを回すことでかかと部分を後ろに広げていきます。希望に応じて広げる量を調整します。

そのまま1日ほど放置すると、シューズを伸ばすことができます。

使えるシューズはどんなもの?

シューズストレッチャーでは、どんな物でも伸ばせるわけではないとされています。

革製品を伸ばすことはできますが、革には種類があり、シューズストレッチャーを使って伸ばす場合に、注意が必要な物もあります。

革には表面に銀面という固い部分があります。

出典:WORLD>https://corp.world.co.jp/fashion/material/images/faq_08_img_04.gif

銀面があるので強度のある革になっています。

これを取り去ったものがスエードです。

スエードは吟面がないのでとても伸びやすく、伸びすぎて破れてしまうことがあるそうです。

その他、羊の革を使ったシューズも、伸ばしすぎて破れやすいので注意が必要です。

どのくらいまで伸ばせるの?

シューズストレッチャーの説明書には、0.5cmくらいまで伸ばせるとされているものが大半です。

もちろん靴にもよりますから一概には言えないのですが、0.5cm以上伸ばすのは、かなり骨が折れることになりそうです。

実際にシューズストレッチャーを使った場合、男性が力いっぱい広げると、0.5cm以上広げられると思えることもあるでしょう。

しかしその場合は、シューズに結構な負担がかかっています。

シューズストレッチャーは足の入る部分を広げています。靴底には直接力を掛けることはできません。シューズストレッチャーを使った場合、つねに広げられている足の入る部分と、広がらない靴底の引っ張り合いが起きています。靴底と足を入れる部分の接合が糸の場合は、糸に負担がかかって切れてしまうことも考えられます。それが接着剤の場合は、剥がれてしまう可能性があります。

また足の入る部分を広げようとすることで、縫合部分にもストレスがかかります。

縫い合わせが切れてしまうかもしれません。

あまり無理してたくさん伸ばそうとすると、靴を破損させてしまう可能性があることも、常に頭に入れて使う必要があります。

伸ばした後で戻らない?

シューズストレッチャーで靴を伸ばした場合、せっかくちょうどいい大きさになったのに、しばらくすると元に戻ってしまうことはないのでしょうか?

これについては、物によって違うので、何とも言えません。

靴底が革で腰(靴底以外の足を覆う部分)も革の場合は、しっかり時間をかけて伸ばせば、大きく縮むことはないようです。

しかし問題は合成繊維を使ったシューズです。スニーカーやジョギングシューズなどの合成繊維を使った靴は、いい大きさまで伸びても、放置すると元に戻ってしまいます。

私は自分のジョギングシューズを伸ばしてみました。これからその経緯を紹介していきます。

シューズストレッチャー購入理由

シューズストレッチャーでジョギングシューズを伸ばしてみました。

伸ばしたシューズは、アシックスのウエーブライダー23です。これは私がマラソンを始めた当初から、ジョギング練習の時に使っていたもので、すでに6つの靴を使い継いでいます。

このシューズは前のタイプまではずっと26.0cmを使っていました。購入する時に試し履きをしても、26.0cmで問題ないと思っていました。

しかし履いて走ってみると、シューズが小さすぎて走りにくいのです。わずか3km走っただけで、足の親指の爪が押されていたくなってしまうほどでした。

このままではとても使えないので、一つ上のサイズを買い直すしかありません。しかしこのシューズは12,000円以上もするので、まったく履かずに廃棄するのはもったいなさすぎます。

そこで考えたのが、シューズストレッチャーでサイズを大きくすることでした。

シューズストレッチャーは安い物なら3,000円程度。靴を買い替えたら12,000円です。ダメもとでやってみることにしました。

ジョギングシューズは伸ばせるか?

シューズストレッチャーについて調べると、革製品でないと効果はないとされています。しかし試してダメだったという生の声を聞いたことはありません。

もしうまくいけば、12,000円が無駄にならずに済むのです。購入して使ってみました。

購入したのは[Masetley] シューズストレッチャーという物です。

いつも使う物ではなく、おそらくこのジョギングシューズを伸ばすのが、最初で最後になるでしょう。そのためなるべく安価な物を購入してみました。

このストシューズストレッチャーは、中に入れてかかとの部分に当てたプラスチックを、ハンドルを回すことで後ろに下げていくものです。最初はほんの少し伸ばしてみたのですが、一日置いてもまったく伸びていませんでした。

そこで次はもう少し伸ばしてみることにしました。

伸ばす前はシューズの全長は27.4cmでした。

これを28.8cmになるまで伸ばしてみました。

ここまで伸ばすのは、結構強い力でハンドルを回さなければなりません。

丸一日放置してから、シューズストレッチャーを外しました。

外した状態だと、28.1cmまで伸びていました。

これで履いてみると、シューズの中でも足の周りに余裕ができて、実に快適です。ジョギングしても普段履きしても、まったく問題ない大きさになりました。

大きさとしては0.7cm大きくなったことになります。

ジョギングシューズは伸ばしても縮む?

伸ばすことで快適に使えるようになった、ウエーブライダー23ですが、やっぱりすぐに縮んでしまいました。

1cmほど大きくなったはずなのに、1週間後には元の大きさに戻ってしまったのです。

そこでまたまた伸ばしてみました。ただし1日程度、伸ばし続けても効果がないと思ったので、1週間伸ばし続けてみました。

その結果、0.8cmシューズが大きくなりました。

今度は1週間で元に戻りませんでしたが、それでも1週間たてば、少し小さくなっていて、ちょっときつい感じになりました。

そして2週間後には、またまた元の大きさに戻ってしまいました。

絶対に縮むのか?

ジョギングシューズは伸ばしても絶対に縮むのかと聞かれたら、「私が行った限りでは、伸びたままであることはない」と言うしかありません。

その後も何度かトライしましたが、やはり時間がたつと小さくなることは間違いありません。

そして何と1ヶ月もの間、ずっとウエーブライダーにシューズストレッチャーをセットしたままにしてみました。

それまでよりも明らかに大きくなっていました。大きくなりすぎのように思えたほどです。1cmは大きくなったのではないでしょうか。

そして2週間くらいは、そのまま履くことができました。しかしやっぱりちょっとずつ縮んでいます。

ジョギングシューズには使えない?

ジョギングシューズにはつかないと思われかもしれませんが、私は充分使えると思っています。毎回毎回伸ばすのは面倒ですが、履かないときに伸ばしておけば、常に伸びた状態で使えます。

繰り返しているうちに、シューズの寿命も来るでしょう。12,000円が無駄にならなかっただけでも良かったです。

シューズストレッチャーは必要か?

シューズストレッチャーは、ジョギングシューズのような靴底が樹脂製品に使った場合は、一度伸びても元に戻る可能性が高いでしょう。ただしジョギングシューズでも伸ばすことができたのですから、革製品であれば0.5cmくらい伸ばすことは、可能ではないかと思います。

ただし靴が破損する可能性もありますし、伸びなかったりすぐに元に戻ってしまったりする可能性があることは、承知の上で購入して使用することをおすすめします。

[Masetley] シューズストレッチャーの使い勝手

今回購入した[Masetley] シューズストレッチャーの使い勝手を少し紹介します。

このシューズストレッチャーは、プラスチックが主の製品です。中心のネジもプラスチックです。

プラスチックの雄ネジを、プラスチックの雌ネジに使うことになります。たくさん伸ばそうとして力を入れると、プラスチック同士が削れて粉が出ます。

こうなると力を入れても回せなくなることもあります。樹脂製に使えるオイルを差して余計な摩擦が生まれないようにすると使いやすいです。

また幅を広げるためのダボが付いていますが、前の部分にボスを差すと、面に沿って入ってくれません。この状態で靴に入れて使用すると、ダボが折れてしまいます。

前の部分にダボを差して使わない方がいいでしょう。

 

このシューズストレッチャーは、吊り下げるためのフックが付いています。使う時はハンガーレールにひっかけておけば、場所を取りません。

この商品は安いですが、私が何度も使った限りでは、大きな不満はありません。幅も広げたいと思う方は、ダボが使えないですから、別の商品を選ぶといいでしょう。そうでない方は、安価ですから、一回だけ使うという用途には向いていると思います。

木製の物もありますが、木製であることでメリットはあまりないでしょう。プラスチック製で充分です。


以上、シューズストレッチャーでジョギングシューズを伸ばした状況を紹介させていただきました。

シューズストレッチャーは難しい操作もなく、手軽に「使えないシューズを使えるようにできる可能性」を持った製品です。

購入したシューズが小さすぎて履けない場合、ダメもとで購入してみるのもアリだと思います。

 

-おすすめ品

Copyright© ゆとらいむ 家づくりと暮らしweb , 2021 All Rights Reserved.