ストライダー

ストライダーなどのキックバイクはいつから乗れる?  2歳からがベストなの?

公園に行くとストライダーなどのキックバイクに乗っている子供を見ることがとても多くなりました。三輪車よりもストライダーの方が圧倒的に多いようですね。

しかし三輪車はバランスを取らなくても倒れず、乗り始めに特別な技術を必要としません。

それに対してストライダーは、バランスを取らないとすぐに転倒してしまいます。難易度が少々高いので、ストライダーに乗らせようと思っていても、何歳で乗らせればいいのかわからない人もいると思います。

ストライダーは何歳から乗らせるのがベストなのか? これはパパママの考えやお子さんの性格、またそこまでの育て方で、大きく変わってきます。

そこでこの記事では、何歳からストライダーに乗らせるべきなのか、様々なパターンごとにまとめてみました。

転倒のリスクを考えた場合の乗らせるべき時期

ストライダーに乗らせる時期は、お子さんがストライダーに跨って転倒することが、親として許容できるかどうかがまず第一のポイントです。

転倒は怪我をするリスクを伴います。特にストライダーなどのキックバイクに跨って転倒することは、うまく受け身も取れないため、見ていてひやひやします。

子供がストライダーに跨って転倒することが怖いと思うパパママのために、いつになったら転倒するリスクを避けてストライダーに乗れるのか、紹介していきます。

ストライダーは1歳半から乗れる?

快調にストライダーで疾走する1歳児

ストライダーは1歳半から乗れると、公式HPでは紹介されています。

私も1歳5ヶ月でストライダーを買い与え、乗らせてみました。その経験から、1歳半でストライダーに乗らせることは、かなり難しいと言わざるを得ません。

まずはストライダーに跨らせても、足がぴったりと着きにくいのです。これではいつ転倒するのかわからず、乗っている本人も見ているパパママも、怖くてたまらないでしょう。

もちろん1歳半で乗れるようになる子はいるかもしれませんが、1歳半でストライダーに乗せることは現実的ではありません。少なくともスイスイとストライダーを乗りこなす1歳6ヶ月児は、皆無ではないかと思います。

ただし跨って歩くことはできます。しっかり親がフォローすれば、転倒を防ぎながら跨って歩かせることはできます。そのようなことを繰り返しているうちに、早い時期にストライダーに乗れることもあるでしょう。

ただし1歳半でストライダーに乗らせようとした場合は、目が離せず付きっきりでフォローする必要があります。これはとても大変なことなので、無理して1歳半でストライダーに乗らせようと考えない方がいいと思います。

お子さんが転倒することが気になるパパママは、この時期にストライダーに乗らせることは考えない方がいいでしょう。

1歳後半でストライダーに乗れる?

1歳7ヶ月、1歳8ヶ月になると、ストライダーを乗りこなすことができる子がちらほら出てきます。しかしそれは特殊な場合であり、普通はなかなか乗りこなすことはできません。

ここからはパパママがしっかり考える必要があります。どうしても早くストライダーに乗らせたいと考える人は、1歳半から跨って歩かせ、1歳後半でスイスイと乗りこなせることを目標にしてもいいでしょう。

ただしパパママがいくら頑張っても1歳後半では乗りこなすことができる子供は少数ですし、乗りこなせるとしても、親の大変なフォローが必要です。

付きっきりでフォローし、子供が乗るのを嫌がってもイライラせず、一人で乗らせて転倒して怪我をするリスクもあることなどをすべて考えることができるのなら、この時期にストライダーに乗らせることにチャレンジさせてもいいでしょう。

ただしかなり難易度は高いです。

この時期に乗らせても、多くの転倒を繰り返すことになります。転倒させることが気になるパパママは、この時期もまだ乗らせない方がいいでしょう。

2歳前半でストライダーに乗れる?

2歳を超えると、急激に感覚系の能力が向上することを、私はわが子を見て実感しました。この頃になると、足が地面にしっかりと着くようになり、ストライダーに乗れる子も増えてきます。

とはいえ2歳前半でストライダーに乗れるようになる子は、半分くらいです。乗れない子も多くいます。

パパママが少々の転倒をしても大丈夫だと考えることができ、子供もストライダーに乗りたい気持ちが強い場合は、少々の転倒をしても頑張って乗ろうとするでしょう。

でも親が労力をかけて子供に付き合う必要が出てきますし、この頃はまだ、バランスをくずしたら転倒してしまいます。自分の子供には転倒をさせたくないとか、そこまで苦労したくないと考えているパパママは、まだストライダーに乗らせないほうがいいでしょう。

2歳後半でストライダーに乗れる?

2歳後半になると、体の大きくて運動神経のいい子は、バランスを崩しても足をしっかり着いて体勢を立て直し、転倒しないことがあります。ただしそこまであまり運動をさせていなかった子や、体の大きくない子は、やはり乗り始めに転倒することはあります。

子供が転倒することに抵抗があるパパママは、まだストライダーに乗らせない方がいいのかもしれません。お子さんの運動能力に自信が持てている方は、この時期に乗らせることにチャレンジしてもいいでしょう。

3歳になったらストライダーに乗れる

この頃になると、体が大きいのでしっかりと足を着くことができ、バランスを崩しても少々のことでは転倒しなくなります。

転倒のリスクを考えたら、3歳でストライダーに乗らせることはおすすめです。

多くのお子さんが、ストライダーの乗り始めで、ストライダーに跨って歩いている時に、ストライダーが傾いても、転倒せずに進み続けられます。

3歳まであまり運動をさせてこなかった知り合いの子供が、最初からほとんど転倒せずにストライダーに跨って歩くことができている動画を、SNSで見たことがあります。

この時期になれば、少しだけ注意すれば、ストライダーで転倒することなく、すぐにスイスイと乗れることが多いでしょう。


総合的に考えると、子供が転倒するのを見るのは絶対に嫌だと考えるパパママは、3歳になってからストライダーに乗らせましょう。

少々転倒することは仕方ないと考えるパパママは、2歳後半になったあたりからストライダーに乗らせると、苦労も少なくて済むようです。

転倒しても早く乗れるようにしたい場合

広い公園でストライダーを乗り回す幼児

転倒のリスクを考えた場合は、3歳くらいになってからストライダーに乗らせることがお奨めです。

しかしそこまで待てず、「少しでも早くストライダーに乗らせたい。子供が少々転倒することは仕方がない」と考えているパパママは、もっと早くから乗らせることにトライしましょう。

トライさせる方法は、1歳半に買い与え、時々跨らせて歩かせます。そしてお子さんがストライダーに乗ることに興味を持ったと思えたら、集中的にフォローすることです。

もし2歳でストライダーに乗れる能力はあったのに、2歳半で買い与えた場合、半年乗り始めの時期が遅くなります。少しでも早く多くのことができるようになることは、子供にはとても大切なことだと私は考えています。

難しいことをできるようになることは、運動能力を引き出しますし、できるようにするために頭を使います。これらのことが能力アップにつながると私は考えます。

私はわが子が1歳5ヶ月でストライダーを買い、時々乗らせていました。興味を持って乗り始めたのが1歳7ヶ月でした。そして1歳8ヶ月でストライダーを乗りこなすことができました。

もしお子さんが1歳代でストライダーに乗らせたいと考えている場合は、ストライダーに1歳8ヶ月で乗れた! 乗れるようにするポイントを紹介しますという記事がありますので、参考にしてください。

ストライダーに1歳8ヶ月で乗れた! 乗れるようにするポイントを紹介します

ストライダーをはじめとしたキックバイク。いつ購入しようか考えている方にアドバイスです。ストライダーは親が頑張ることで、2歳前に乗れるようにすることができます。 またストライダーを購入しても、なかなか子 ...

続きを見る

乗りたいと思わない時期は、どれほど親が乗らせようとしても乗ってはくれません。時々ストライダーに跨らせることで、乗る気になっているかどうかを確認できます。

乗る気になる時期は、子供によって違います。2歳前に乗る気になる子もいれば、3歳過ぎないと乗る気にならない子もいます。早めに買って、乗る気になる時期を見極めていくしかありません。

乗るスイッチを入れるには、人が乗っているのを見るのが一番です。方法はいくつかあります。

  • 公園に行ってストライダーに乗っている子供の姿を見る。
  • 親が自転車でペダルを使わずに乗って見本を見せる。
  • ストライダーに乗っている子供の動画を見せる。

わが子にはこれらをすべてやったところ、1歳7ヶ月でストライダーに興味を持ち、1歳8ヶ月で乗れるようになりました。

まずはストライダーに乗りたいと思わせることが大切です。

まとめ

お子さんを転倒させたくない場合は、3歳を過ぎてからストライダーに乗らせましょう。少しでも早く乗らせたい場合は、1歳半でストライダーを買って、時々跨らせて興味を持つまで待ちましょう。

ストライダーはスイスイ乗りこなせるようになると、子供にとっては大変な楽しさを味わえるおもちゃです。楽しい気持ちを味わうことで、いつも精神が安定します。そうなるとかんしゃくを起こしたりイヤイヤとわがままを言うことも間違いなく減ります。運動能力向上だけでなく、様々な効果があるのです。

ぜひお子さんに、ストライダーを乗りこなせるようにしてあげましょう。

ストライダーは店頭販売でも、ネット通販でも値段はほぼ変わりません。

自宅まで届けてくれるネット通販が便利です。購入するモデルは、スポーツモデルがおすすめです。

以下のリンク先に、どのモデルを購入すべきかの記事があります。是非ご覧ください。

ストライダーのおすすめモデルはスポーツモデルです。 レース出場を考えるならプロモデルもアリ

またストライダーが高すぎると考えている方は、もっと安価で高品質のキックバイクも発売されています。

安価で高品質のキックバイクを紹介しているキックバイクのおすすめは? RANGS(ラングス)キックバイクとSPARKY(スパーキー)がおすすめです! という記事がありますので、是非ご覧ください。

RANGS(ラングス)キックバイク
キックバイクのおすすめは? RANGS(ラングス)キックバイクとSPARKY(スパーキー)がおすすめです! 

キックバイク=ストライダーと思われるほど、ストライダーはメジャーなものです。 私はさんざん調べたうえで、自信をもってストライダーを購入しました。今でもストライダーを選んだことは間違いではないと思ってい ...

続きを見る

 

-ストライダー

Copyright© ゆとらいむ 子育てと暮らしweb , 2021 All Rights Reserved.