わが家の子育て

髪の多い赤ちゃんが生まれてびっくり   わが子は髪ふさふさでしたがその理由を調べました

わが子が生まれた時、髪の多さにびっくりしました!

赤ちゃんは一般的に髪があまり生えていません。しかし時々、とても髪の濃い赤ちゃんがいます。

わが子もそんな子供でした。は生まれたときからとても髪が多かったです。髪が濃い子と薄い子の違いは何なのでしょうか?

生まれたばかりから髪が濃いと、頭部が貧相に見えないため、何となくですがかわいく見えるように感じがします。しかし デメリットもたくさんあります。

髪がふさふさで生まれる理由について調べてみました。

なぜ髪の濃さは赤ちゃんによって違うのか

生れた時から髪の濃い赤ちゃんがいます。

赤ちゃんはお母さんのおなかの中で育っている時には、髪がしっかり生えているのです。しかし生まれる直前になって、髪が抜けるのが普通のようです。そのため生まれたばかりの赤ちゃんは、髪があまりありません。

早産で予定日より早く生まれた赤ちゃんは、髪が抜ける前に生まれてきます。その場合は髪が濃いようです。

産まれたばかりの赤ちゃんには細く柔らかい毛が沢山生えていますが、個人差があり黒くしっかりとした毛が生えている子もいます。この毛の正体は妊娠3~6ヶ月頃に胎児に生え始める”産毛”で、成長過程にある赤ちゃんの薄くて弱い肌を守る為の膜「胎脂」が剥がれ落ちないようにする為に生えています。

だいたい妊娠32~36週には産毛が抜け落ちる事が多いようですが個人差があり、早産だった赤ちゃんに毛深い子が多いのは、産毛が抜け落ちる前に産まれてきたというような理由があります。

出典:ウーマンエキサイト >子育て情報『毛深い子は“早産傾向”…!? 赤ちゃんの「髪量が多い・少ない」はこう決まる』

多くの場合は髪が濃い状態で生まれてきても、すぐに抜け落ちてしまうものなのだそうです。

ところが例外もあり、原因はよくわかりませんが、髪が濃いままで生まれてきて、ほとんど髪が抜けずに、濃いままで育っていく子供もいます。

わが子はまさにそんな子でした。生まれた瞬間からしっかりした髪が生えていて、それが抜けることなく成長してきました。

わが子の髪の変化を見てください。

生まれたて

 

2ヶ月

 

4ヶ月

 

 

8ヶ月

 

12ヶ月

ずっと濃いままでいることは稀のようですが、わが子は髪が薄い状態になったことがありません。

髪が濃いメリット

髪が濃いメリットは、かわいいことです。(私たち夫婦は、「髪が多いから余計にかわいい」と言っています。親バカだと思います。)

これ1つしかないメリットですが、このメリットは強力です。自分の子供に見慣れてしまうと、1歳半くらいまでは、同月齢の子供の髪が薄いのを見て、大変な違和感がありました。

赤ちゃん本舗のハイハイレースに出た時、わが子は9ヶ月になったばかりでした。

生後8ヶ月から1歳2ヶ月の子供が参加していましたが、わが子一人だけ髪の量が圧倒的に多かったです。

多くの子供の中でわが子を見ると、親バカですが見栄えがとてもよくて、ダントツでかわいく見えました。

しかしみんなわが子が誰よりもかわいいのです。髪が薄い赤ちゃんの親御さんも、「わが子が一番」ときっと考えていることは間違いないでしょうね。

それでもやっぱり、赤ちゃんのうちからずっと髪が濃い方がいいと思う人が多いのではないでしょうか。

しかし 「かわいく見える」という強烈なメリットがありますが、デメリットもたくさんあるのです。

赤ちゃんの髪が濃いデメリット

立ち会い出産でびっくり

私(父親)は出産に立ち会いました。わが子が妻の体から頭を出したとき真っ黒で、「何が出てきたのか!」とびっくりしました。

普通の赤ちゃんが生まれると誰もが考えるでしょうが、予想に反して真っ黒な頭を見ると驚かされるものですね。

散髪が大変

髪が濃いデメリットNo1は、 散髪が大変なことです。

一般的に髪が生え揃う年齢になると、散髪する時も大人しくしていることがあるでしょう。

しかし生まれてから2ヶ月程度で散髪する場合、じっとしていてくれないので、切り過ぎてしまうことがあります。耳のわきを切る時は、いきなり動かれると耳を一緒に切ってしまいそうで、大変な神経を使いました。激しく動くので、頭をハサミで傷つけてしまう可能性もあります。

生後半年くらいの時は、切られた髪がお風呂場の床にたまっているのを見て、怖くなって泣き出してしまいました。それからますます散髪を嫌がるようになり、苦労も増えました。

赤ちゃんを散発してくれる美容院などありませんし、散髪の経験のない人がほとんどだと思いますので、髪の濃い赤ちゃんの親御さんはみんな、髪をうまく切れなくて大変だと思います。

小さい子供だと思われる

髪がふさふさだと、まだ0歳児なのに、生後1年ちょっと経ったくらいの子だと判断されることが多いです。

まだ8ヶ月くらいのころは、知らない人には小さな子供だとよく言われました。わが子は顔つきも赤ちゃんっぽくなく、普通の子供みたいな顔でしたから、よけいに誤解させやすかったのです。

順調に育っていて、決して月齢に対して小さい子供ではないのに、多くの人に 小さい子だと思われるのは少し悲しいです。

髪を洗うのが大変

赤ちゃんも生後間もない時期のうちは特に、頭をしっかり洗わなければなりません。しっかり髪を洗っておかないと、髪が多いゆえに頭に熱がこもって汗をたくさんかくため、頭に汗疹ができるかもしれないのです。

髪があると、地肌まで洗うのはとても大変です。

赤ちゃんの頭ですから、あまり強い力を入れて洗えません。そのため手間がかかります。

いつまでも時間をかけて洗い続けていると、じれったくなったり、洗った洗剤が垂れてきて目に入ったりして、泣き出されてしまいます。

そうでなくても赤ちゃんのうちは入浴時によく暴れるので、 髪が多いわが子の頭を洗うのは一苦労です。

運動するとすぐに汗をかく

髪がかぶっていると、頭の熱が逃げにくくなります。そのためちょっと激しい運動をすると、すぐに頭に汗をかいてしまいます。

赤ちゃんは体温調整が得意ではないので、動いたときに頭に汗をかかないためにも、生まれた時には髪が濃くないことになっているのではないでしょうか。

それなのに髪がある子の場合は、激しく動くとすぐに 頭が熱くなって、本人も大変だと思います。

わが子はズリバイやハイハイを頑張ると、室温は高くなくても、額に汗が垂れて来ていました。

私たち夫婦は、わが子が生まれたばかりから、汗のかきすぎで「あせも」などができないようにかなり気を使いました。

髪の濃さについて

髪が濃くなってほしい(または濃すぎるので薄くなってほしい)と思っても、子供の髪の量はコントロールできません。今の状態を受け入れるしかないのです。

しかしたとえ髪が濃くても薄くても、誰もが自分の子供は一番かわいいと思っているはずです。

とてもかわいい自分の子供を、大切に育てていきたいですね。

-わが家の子育て

Copyright© ゆとらいむ 子育てと暮らしweb , 2021 All Rights Reserved.