能力向上

1~2歳児でも楽しく川遊び 効果や注意点を詳しく紹介します 

子供でも水の中に入れるような川が、車で行ける範囲にある方は、ぜひお子さんを川遊びに連れて行ってあげてください。

1歳でも川に連れて行くと、とても楽しく遊んでくれます。

わが子はベビースイミングでは泣きじゃくっていた時期でも、川の中では元気に水の中に入ってくれました。

魚も見られて広い川の中で遊ぶことは、1歳のわが子にとって大変な思い出になったようで、帰宅してからも終始にこにこ顔でした。

川遊びの効果と注意点についてまとめてみました。

川遊びをするメリット

魚が見られる

山奥の自然に囲まれた川に行った場合になりますが、子供にとって、大自然の中で、川の中で泳ぐ魚を直接見ることは、とても楽しい体験になります。

わが子は小さな川魚を見て、「魚、魚」と言って大喜びしていました。

水族館などで水槽の中にいる魚を見るのも楽しいでしょうが、自然の中で生きる魚を見ることも、新たな体験になり楽しかったようです。

ぜひきれいな川に連れて行って、自然の魚を見せてあげてください。

自由に遊べる

わが子はスイミングスクールに通わせていますが、行動に制限があります。

両親以外には誰もいない川で、自由に遊ぶことも楽しいようです。スイミングスクールでは見られないような、とびっきりの笑顔も見せてくれます。

自分の好きなように遊びたい1~2歳児は、足が着かないブールで親に抱かれて親に移動されられるだけのスイミングスクールよりも、浅場に自分の足で水の中に立って、自由に歩いて自由に遊ぶ方が楽しいはずです。

スイミングスクールはスイミングスクールなりにいいところもありますが、そこにはない自由に遊ぶという楽しさを、川遊びは感じさせてくれるのです。

泳がせられる

スイミングスクールではなかなか泳がせる真似事をさせられる時間が限られます。泳がせる真似事とは、親が子供のお腹などを持ってうつ伏せの状態で沈まないように浮かせて支え、前に進ませることです。これをさせてもらえる時間が少ないのです。

川遊びならば、いつまでもそれをさせてあげられます。長くやっているうちに、うまく手足で漕ぐことができるようになるかもしれません。

また、1歳児をスイミングスクールに通わせても、親の手を離れて泳がせることはさせてもらえないことが多いです。浮き輪を着けて泳ぐレッスンがないところもあります。

しかし川遊びは、何をしてもいいのです。1歳児でも2歳児でも、浮き輪を使って自力で泳がせることにトライさせることができます。

わが子には1歳児の川遊びには浮き輪が間に合いませんでしたが、浮き輪を使うと運動能力の優れた子供は、1歳でも手足を動かすことで、自力で前に進むことができるのです。

これが子供にとってとても楽しい体験になることが多いようです。浮き輪を使って泳ぐ楽しさを体験すると、病み付きになる子もいます。

ただし事故には十分注意してください。

川遊びは危険か?

川遊びで毎年、亡くなる人がいます。その報道がされるようになってから、【川遊び=危険】というイメージを持っている人も増えてきました。果たして川遊びは危険なのでしょうか?

正直に言えば、もちろん川遊びは危険です。これは間違いないでしょう。ただし流されておぼれるとか、深みにはまって沈むなどの危険さは、私はほとんど感じていません。

注意して遊べば、死亡するなどの大事故が起きるリスクは、かなり減らすことができます。

深みでおぼれるのであれば、足の着かないところに行かなければいいだけです。流されて深みに行ってしまうと感じるならば、遊ぶ場所より下流に、深いところがなければいいのです。

たったこれだけのことを守れば、おぼれる可能性はほぼゼロにすることができます。

私が危険だと思うのは、それ以外のことです。

川辺に降りる道が危ない

川の上流に行くと、川辺に降りる道はかなりひどいものになります。山歩きに慣れていない人には、降りられない場所もあります。急な斜面や、高い段差などもあり、登り降りが大変なのです。

しかも1歳児を連れて行く場合、抱いてそこを通らなければなりません。

私がわが子を3回目に連れて行った川ですが、この斜面を子供を抱いて降りる親は、まずいないと思うくらいひどいものでした。私は山奥育ちなので平気でしたが、妻は子供を抱いていなかったのですが、大変な苦労をして上り下りしていました。

しかも川で遊ぶのには、多くの場合、サンダルで行くと思います。サンダルは悪路ではとても歩きにくいです。

くれぐれも無理して過酷な斜面を下りて、川辺に行かないようにした方がいいです。

石に藻が生えて滑る

川底の石には、ぬるぬるの藻が生えていることが多いです。石が緑色をしていたら、藻がびっしり生えています。これに乗ったら確実に滑ります。

浅場を歩くだけなのに、転んで怪我をすることはよくあります。

これが川遊びで最も注意すべきことです。

水が冷たい

川の水は、思いのほか冷たいことがあります。最初は子供も楽しいので、川の冷たさを気にせずに遊ぶかもしれません。しかし徐々に体温を奪われていきます。

わが子は1歳10ヶ月で川遊びさせた時、寒くて体が震えるくらいになっても、川遊びが楽しすぎたようで、水から出ようとしませんでした。

しかし明らかにひどく寒がっていたため、川岸の砂を掘って生け簀を作り、捕まえた魚を入れて見せたり、川岸から石を投げるのを見せて、川の中で遊ぶ以外のことに注意を引いて、水の中に入りたい気持ちを紛らわせました。

そして何とか、体温が元に戻るまでの時間を稼ぐことができました。

子供が水の中で遊びたがっても、寒さを感じているようならば、水から出してあげなければなりません。特に1歳の子供はまだ体温調整がうまくできないのです。体温が低くなりすぎないように、注意しながら川遊びをさせましょう。

遊ばせる場所に注意

先ほど書いたとおり、子供を遊ばせる場所には注意しましょう。万が一流された場合は、今いる場所よりも深いところが川下にあると、沈んでしまうことがあります。

流されても今より浅い場所しかなければ、すぐに助けることができるのです。

流れの速さに気を付ける

川の上流に行くと、流れが速いです。子供が流された場合、流れに追いつけないような場所では絶対に遊んではいけません。

川幅が狭い場所や、浅い場所は流れが速くなっています。注意してください。

川の水は決してきれいではない

川の水がプールなどと同じようにきれいだと思ってはいけません。川には山から様々なものが流れ出していて、少し臭いこともあります。そのために川底の石には藻がびっしりと着いていることがあります。

少々水から臭いがすることもありますが、それらを気にしていてはいけません。私たちはかなり上流の川にしか入りませんが、それでも自然の臭いがあります。

これは行く前から覚悟しておきましょう。

川遊びのスポットを選ぶ

自分の家の近くで川遊びのできる場所をインターネットで調べると、いろいろなスポットが紹介されるでしょう。

しかし私の家族は、そのような場所で遊ぶことはありません。メジャーな場所には、多くのデメリットがあるからです

おすすめスポットはズバリ、山奥の上流です。

川の上流で遊ぶメリット

もし上流で気ままに楽しく遊びたいと考えた方のために、川の上流で遊ぶメリットを紹介しておきます。

有名どころは駐車場がいっぱいで入れない

初めての川遊びのため、地元で有名な場所を調べて、行ってみました。到着してびっくり、そこには人だらけで駐車場もいっぱいでした。有名な場所は、当たり前ですが人が多すぎて、駐車場にも入れないことがあります。

人がいないのでまわりに気を使わない

川遊びで一番の問題は、自分たちのすぐ上流で遊ばれると、川底の砂が水の中に混じり込んで、水が濁ってしまうのです。

濁った水を口に入れたら気持ち悪いですよね。水が濁っていたら、水の中に潜ることも躊躇われます。

子供がバタ足をさせた場合、あまりにも近くに人がいると、その人に水がかかって睨まれるかもしれません。

その点、誰もいないマイナーな場所では、人がいないので気楽に遊べます。これは大きなメリットです。

水がきれい

メジャーな場所は、川の中でも下流が多いです。

当然生活用水などがたくさん川に流れ込んでいて、汚いです。水におかしな匂いが付いていることもあります。

その点上流の水は、下流よりは間違いなくきれいです。

日を避ける場所がある

メジャーな場所は見通しの良い広い川が多いので、日を遮るものがありません。

テントを張って日を遮ることはできますが、遊泳する川の中はどうすることもできません。

もっと上流の川であれば、川紅木が茂っていて、川の中も日陰になっている場所があります。そんな場所を選んで川遊びすると、日焼けすることがありません。日焼けを気にする人は、これかかなりのメリットだと思います。

上流で遊ぶデメリット

上流で遊ぶデメリットももちろんあります。

注意ポイント

  • 下流よりも水が冷たい
  • 川に降りるまでに道が急斜面である場合が多い
  • 石に藻が付いていることが多いので、川底が滑りやすい
  • 蚊などの虫が多い

このようなデメリットは、とんどの人にはかなり気になるところですよね。

上流で川遊びするのは、確かに難易度が高いです。

デメリットも考えた上で、どこで遊ぶのか考えてみてください。

わが子の川遊び

わが子は1歳9ヶ月で川遊びをさせ、1歳10ヶ月では手を平泳ぎのように動かして、泳ぎの真似事ができるようになりました。

1歳のうちにこのようなことができると、泳ぎ始めも速くなるのではないかと期待しています。

泳ぎができるようになりそうな感じを持てたこともうれしいのですが、それよりもやはり、楽しんでくれたことが一番うれしいです。

わが子が楽しそうに川で遊んでいる動画を作成しました。是非ご覧ください。

その日は家に帰ってからも、ずっとにこにこと笑って、とても機嫌がよかったです。やはり心から楽しめる遊びをすると、いつまでもその思いが消えないのですね。楽しいことを経験したことは、きっといい刺激が脳に入って、またさらに成長してくれたでしょう。

近年川遊びは危険というイメージが定着してしまいましたが、注意すれば1歳児に川遊びさせても、注意をしていれば決して危険ではありません。

子供を楽しませるためにも、川に連れて行って遊ばせることをお勧めします。

-能力向上

Copyright© ゆとらいむ 子育てと暮らしweb , 2021 All Rights Reserved.