購入品

HUAWEI(ファーウェイ)の急速充電器は速い! スマホを30分で71%まで充電

子供の写真をきれいに撮りたかったので、素晴らしいカメラ性能を持つスマートホン、HUAWEI P30 Proを購入しました。

このスマートホンは超高速充電機能が備わっているため、専用の充電器を購入して使ってみました。HUAWEI SuperChargeWall Charger 2 CP84というモデルです。

この充電器は、HUAWEIのスマートホンを40Wの出力で超高速充電できるものです。(HUAWEIでは急速充電器と呼んでいます)

スマートホンのバッテリーが20%くらいに減った状態から、わずか1時間で満充電になるこの急速充電器を、詳しく紹介します。

HUAWEI急速充電器はすごい!

外出前にスマートホンを充電し忘れていて、「しまった」と思うことはありませんか?

外出30分前に気付いた場合、普通に充電したら1日使うだけの電気を充電することはまずできないでしょう。

しかし急速充電を行うと、わずか30分でも、かなりの量を充電することができます。

HUAWEI SuperChargeWall Charger 2 CP84は、40Wの充電に対応しており、完全に電気を使い切った0%の状態からでも、30分で71%まで充電をすることができます。

これはすごいことです。1時間でフル充電が可能です。

HUAWEI SuperChargeWall Charger 2 CP84

HUAWEIの急速充電器であるHUAWEI SuperChargeWall Charger 2 CP84(以下HUAWEI 急速充電器)ですが、この充電器はHUAWEIのスマートホンでないと、40Wという急速充電ができません。

HUAWEIの急速充電の電流電圧は、他のスマートホンとはまったく違う、特別なものなのです。

高速充電のできる充電器は様々なメーカーから発売されていますが、10V 4A(40W)の電圧電流で充電できるのは、HUAWEIのスマートホン以外にはありません。

もし他のメーカーの高速充電気を使ってHUAWEIのスマートホンに充電した場合、9V/2Aの18Wで充電されることになります。普通よりは高速ですが、超高速とは言えないスピードです。

HUAWEI 急速充電器の10V 4A(40W)という急速充電器の性能を発揮させるには、HUAWEIのスマートホンでないとだめなのです。

使用感

この充電器を購入して使ってみましたが、これが素晴らしいです。本当にあっという間に充電が終わってしまいます。

HUAWEI P30 Proの本体バッテリーが18%まで減ってしまった状態から、きっちり30分充電すると80%まで電流が増えました。

今までスマートホンの充電に2~3時間かけていた私としては、びっくりの高速充電です。

他の機器にも使えるか?

しかしHUAWEI 急速充電器を購入しても、他のスマートホンやモバイルバッテリーに使えないのではないかと心配になりました。

HUAWEIのスマートホン専用となってしまうと、3,000円もの値段の商品ですから、ちょっともったいない気がします。

しかも他の機器につなげた場合、電流電圧過多となって、不具合が出たら大変です。

そこでこの充電器が他の物でも使えるのか、確認してみました。

私が使えると判断するのは、以下の条件です。

ポイント

PD及びQCに対応している機器は、最低18Wで充電できること

PDやQCに未対応の機器は、5V2Aで充電できること

この二つの条件に合致していれば、この充電器は便利に使えることになります。

PD及びQCに対応している機器は、最低18Wで充電できること

今回はHUAWEIのスマートホンを充電するために購入するわけですから、高速充電に対応したHUAWEIのスマートホンには問題なく高速充電できます。

しかしそれ以外の製品には、高速充電ができないのでは、使い勝手は悪いです。家にはiPad やGoPro、モバイルバッテリーなど、充電すべき機器がたくさんあります。

この充電器で快適に充電できないのでは、使う機器に合わせて充電器を変えて使わなければならず、煩わさも感じます。

これ一つですべての機器に充電できれば、煩わしさはなくなります。

そこで「PD及びQCに対応している機器は、最低18Wで充電できること」が重要なのです。この充電器が高速充電の規格である、PDやQCに対応しているかどうかを調べてみました。

もし20,000mAのモバイルバッテリーを高速充電ではなく充電した場合、10時間以上かかることになります。夜に充電を開始した場合、朝には充電が完了していないのです。これはとても不便です。

しかし18Wの高速充電をした場合、20,000mAのものも、6.5時間ほどで充電できるのです。最低でもこのくらいの充電時間でないと、実用的ではありません。

このような高速充電の規格には、PDとQCというものが一般的です。

PDにしか対応していない機器もありますし、QCにしか対応していない機器もあります。充電器が両方に対応していれば、どちらの規格に合致した機器でも、問題なく高速充電ができます。

このHUAWEI 急速充電器は、PDにもQCにも対応しています。これらに対応している機器を充電する場合、最低でも18Wでの充電が可能です。

PDやQCに未対応の機器は、5V2Aで充電できること

もう一つ重要なのは、高速充電未対応のものに充電する場合、5V2Aで電気を供給できることです。

ほとんどの充電器がこの機能を備えています。そのためこの点は問題ないと思っていましたが、予想通りこの充電器も、高速充電規格未対応の機器を充電するときは、5V2Aで充電する機能を持っています。

私の場合は、古いスマートホン、GoPro本体、GoProの充電器、ランニングウオッチの充電、サイクルコンピューターの充電などが、5V2Aの電力を必要とする機器です。これらに安全に電気を供給できることは必須で、この充電器はこれらにも安心して使えるのです。


以上のように、この充電器はHUAWEIのスマートホンを超高速で充電できるだけでなく、HUAWEI以外の製品も、高速充電が可能です。

さらに高速充電対応でない機器では、しっかりと5V2Aの電気を流してくれるのです。

HUAWEIのスマートホンを持っていて、他の機器も規格に合わせて最適な充電をしたい場合には、これを持っていればとても便利に使えます。

充電器を見直そう

どの家にも、USBコネクタから電源を供給する機器は複数ある時代です。しかしコネクタ形状が同じだからと言って、古い機器を何も考えずに使うのは危険です。中には5V1Aでしか作動させられない物もあります。(古いGoProなど)

そのようなものに最新の充電器を使うと、電圧が高すぎるため過電流が流れ込み、壊れてしまうことになります。

また古い充電器の中には、出力が5V4Aなどに固定されたものがあります。専用の充電器のため、それ以外の物に使うと、バッテリーやスマートホンであれば、充電中に強い熱を発して危険ですし、バッテリーの寿命を大きく縮めることになります。

わが家には10個以上の充電器があります。

今までは特に意識していなかったのですが、古いものには5V4Aに固定された充電器がありました。それを知らずに5V2Aまでしか対応していない、古いスマートホンに使ったことがあります。するとバッテリーがあっという間に劣化してしまいました。

5V2Aが現在では一般的ですので、定常出力(PDやQCなどの高速充電以外の出力)が5V2Aではない充電器を、現在のスマートホンなどに使わないよう、しっかりと分けておく必要があります。

皆さんも一度、家にある充電器を見直してみたらいかがでしょうか。

HUAWEI 急速充電器の弱点

HUAWEI 急速充電器も、弱点があります。

それはPD、QCなどの規格の中で、高速充電に対応している電流電圧は、9V/2Aと5V/4Aだけだということです。

この充電器は最大で18Wの充電ができますが、今ではHUAWEI P30 Pro以外にも、60Wもの充電に対応している機器が発売されています。しかしHUAWEIスマートホン以外では、これらの機器にこの充電器で充電する時も、9V/2Aの18Wか5V/4Aの20Wでしか充電できないのです。

しかし先ほども触れたとおり、20,000mAもの大容量バッテリーでも、18Wであれば、6.5時間ほどで充電できます。このスピードならば、私は常用できるレベルだと考えています。

もう一つの弱点は、出力ポートがひとつしかないことです。スマートホンとモバイルバッテリーを同時に充電したくても、ポートがひとつしかないのでできません。

家族で旅行に行った時など、複数のスマートホン、モバイルバッテリーを高速充電したいこともあるでしょう。このような場合には、この充電器だけで対応するのは難しいでしょう。

わが家では旅行をする時、この充電器ともう一つ、高速充電できる物を購入して、持っていくようにしています。

もし複数の出力ポートがある他メーカーの充電器ならば、ひとつ持ち出せばそれだけで、すべての充電をまかなえることもあります。

しかしこのHUAWEI 急速充電器は出力ポートが1つしかないため、同時に複数のスマートホンを充電したい場合を考えて、複数の充電器を持っていかなければならないのです。


以上のように、欠点もあるHUAWEI 急速充電器ですが、スマートホンのHUAWEI P30 Proを充電するには最高のものです。

欠点を理解した上で、この充電器の購入を考えてみてください。

スペック 仕様

最後にHUAWEIのHPにある性能の項目を補足説明します。

超急速充電(最大40W)

充電は10V/4A、9V/2A、5V/4A、5V/2Aのいずれかで行われます。

ユニバーサルな互換性

PDやQCなどの高速充電の規格を持っているため、ほとんどすべての高速充電対応機器に使えます。

素早く充電、熱くなりにくい

急速充電しても、充電器本体も、スマートホンも、ほとんど熱を持ちません。

熱を持つのは、負荷を掛けすぎているためです。熱を持たないのですが、とても安定して作動していると判断できます。

様々な安全保護

以下の図のような保護回路を有しています。一般的に必要な保護回路は、すべて備わっていると考えいいでしょう。

世界的な互換性

100Vから240Vの家庭用コンセントで使えます。つまり国内でも海外でも、すべての国で使えるということです。

5A USB-Type Cケーブル同梱

いくつかの耐久テストに合格した、品質に間違いのないケーブルが同梱されています。

まとめ

HUAWEIの充電器SuperChargeWall Charger 2 CP84は、HUAWEIのスマートホンを持っている人は絶対に買うべきです。

高速充電器で充電すると、スマートホン本体が熱を持ち、バッテリーの寿命が短くなるイメージを私は持っていました。しかしこの充電器で高速充電しても、本体やスマートホンが穂トンと熱を持たないことは、特筆すべきことです。バッテリーに負荷がかかっていないことは間違いないでしょう。

それにもかかわらず、1時間そこそこで満充電にまでできるのは、すごいことですよ。

HUAWEIのスマートホン以外にも高速充電できますから、絶対のおすすめ品です。

 

-購入品

Copyright© ゆとらいむ 子育てと暮らしweb , 2021 All Rights Reserved.