子育ておすすめ品

アイデス(Ides) ディーバイクミニ(D-bike mini)は子供が最初に乗るチャレンジバイク 1歳児に最適

わが子にミニバイクのアイデス(Ides)ディーバイクミニ(D-bike mini)を購入しました。自分の足で蹴って前に進む乗り物です。

1歳2ヶ月で購入したのですが、1歳4ヶ月にはかなり乗りこなすことができるようになり、とても楽しそうでした。購入したのは正解だったと思っています。

遊び道具を使わせることで、子供は「楽しい」という気持ちを経験していきます。少しでも多くの楽しさを味わうことは、心の成長に不可欠です。

乗り物を自分でコントロールすることは、満足感の高い楽しさなのです。歩けるようになったら、バイクに乗る楽しさを、ぜひ体験させてあげてください。

アイデス(Ides) ディーバイクミニ(D-bike mini)とは

D-bike miniのことを発売元のアイデスでは、チャレンジバイクと呼んでいるようです。

アイデス(Ides)は日本の子供用の自転車や三輪車などを販売する会社で、ディーバイクミニは同社のデーバイク(D-bike)シリーズの中の、最も低年齢で乗ることのできるバイクです。対象年齢は1歳からとなっています。

このディーバイクミニは、ストライダーや三輪車よりも先に、子供が初めて乗ることのできるバイクです。実際にこれを最初に運転させた親御さんは、かなりいるのではないでしょうか?

三輪車やキックバイクと違い、とても小型に作られていて、1歳の子供でも足がしっかり着きます。

わが子は乗り始めの身長が77cmだったのですが、まったく問題なくサドルに座ることができていました。

重さは2.0kgです。とても軽く、わが子は1歳3ヶ月で、跨ったまま前輪を持ち上げて、方向転換することができました。

タイヤは前が二輪、後ろが一輪です。キックバイクは足で床や地面を蹴って前に進みます。後ろが二輪だと、タイヤに蹴った足がぶつかりやすく、気持ちよく乗れないことがあります。ディーバイクミニはそれを考慮して前輪を二本にしています。

フレームは鉄で、タイヤは硬質ゴムでできています。タイヤはやわらかいので室内で使っても、床を傷つけることはありません。

種類

ディーバイクミニは3種類に分かれています。

ディーバイクミニ ¥7,000+税

ディーバイクミニプラス ¥7,500+税

ディーバイクミニホンダカラー ¥7,980+税

ディーバイクミニ ディズニー / ミッキー ¥10,000+税

ディーバイクミニミッフィー ¥10,000+税

ディーバイクミニシリーズは、2020年2月1日に【ディーバイクミニプラス】という新製品が出ました。それ以前から発売されている【ディーバイクミニ】は、現在でも発売が続けられていますが、サドルのクッション性をアップし、サドルの高さを調整できるようになりました。

サドルの高さを調整できる機能により、2歳になっても乗り続けられるようになったのです。500円ほど値段は上がりますが、【ディーバイクミニプラス】を購入することをおすすめします。

新しく発売された【ディーバイクミニプラス】だと思って購入すると、実はサドルの高さ調整機能のない【ディーバイクミニ】だったということもあります。

【ディーバイクミニプラス】に魅力を感じた方は、間違えて【ディーバイクミニ】を購入しないように注意しましょう。

安全に問題はないか

まずは安全に問題はないか検証します。

すべてのパーツは角がなく、丸い形状をしています。そのため体をぶつけても傷を負うことはありません。

体重制限が20kgまでとなっていますので、このディーバイクミニに乗る1歳~2歳の子供は9kg~15kgくらいですから、充分な余裕度もあります。

転倒した場合に足を車体で挟まれることを心配する人がいるかもしれません。しかし前輪が二輪であることで、倒れてもフレームと床の間に隙間ができます。

このため足を挟まれることがあまりありません。

そして本体がとても軽くて、各部品も丸みを帯びて作られているため、転倒しても怪我をしにくいのです。

わが子はたくさん転倒しましたが、足を挟まれて痛がる様子はまったくありませんでした。

ディーバイクミニ の効果

ディーバイクミニに乗らせて、どのような効果があるでしょうか?

まずは物に乗った状態でのバランスを取ることを覚えられます。どのようなことも、少しでも月齢の少ないうちにさせることで、能力を上げることができると私は考えます。ディーバイクミニを小さなころから載せて遊ばせることで、バランス感覚が磨かれます。

知能がアップする

バランスを取ろうと必死になるので、脳がフル回転します。また方向を変えるためにハンドルを切ることを理解することでも脳が活性化します。これらのことで知能の向上が見込まれます。

腕力が付く

最初はうまく方向転換できないため、前輪を持ち上げて力技で方向を変えていました。これにはかなり腕力を使うので、腕が鍛えられます。

ハイハイするのにはたくさん腕を使うのですが、歩き始めるなかなか腕を使う運動ができなくなるので、多くの子供は1歳~2歳くらいだと腕が細いことが多いです。その時期に腕を使うことは大切です。

手を使うことで知能も育つと言われています。ディーバイクミニに乗ると腕を使うことにつながることはありがたいのです。

蹴って進む楽しさを覚える

わが子はこれに載っている時、とても楽しそうです。自分の力で乗り物に乗って動くことが楽しいのでしょう。楽しさは脳を活性化させます。脳の活性化は脳の成長にもつながります。

楽しいと思うことをたくさんさせることは重要なので、ディーバイクミニに乗せて楽しさを味わってもらうことは大切です。

ディーバイクミニでバランスを取って蹴って前に進む動きを習得しておくと、その後ストライダーなどのキックバイクが容易に乗れるようになる子が多いようです。

わが子が乗れるようになるまで

わが子のために量販店でディーバイクミニを購入して、そのあとすぐ近くの中古品販売店に寄ったら、ほぼ新品のディーバイクミニが販売されていました。

新品同様の中古が販売されているということは、ほとんど使わずに売った人がいるということです。

「期待して買ったけど、うまく乗らせることができなかった」という情報は、ネットでちょくちょく見かけます。せっかく買っても子供に使ってもらえないのではがっかりですよね。

でも前述したとおり、親の努力で乗れるようにすることができます。

1歳2ヶ月

1歳2ヶ月でディーバイクミニを購入し、さっそく運転させてみましたが、ハンドルを切って進行方向を変えることがまったくできません。まだハンドルをどちらに切れば、どちらに曲がるのかが理解できないのです。

それでも普通は前に進もうとよちよちと足を動かしてくれるでしょう。

ディーバイクミニは、三輪なので安定していて転倒することはないと思われがちですが、実は乗り初めには簡単に転倒してしまいます。

当たり前ですが、歩き始めの幼児は、バランス感覚がまだ育っていません。ハンドル操作もうまくできないため、ハンドルを強く切った状態で前に進もうとするので、転倒してしまいます。

物に跨ったまま転倒することは、子供によってはかなりの恐怖です。自分が受け身を取ろうとしても、バイクが邪魔でうまく受け身を取ることができないのですから。

特に1歳程度の月齢である場合は、頻繁に転倒することが多いです。

1歳4ヶ月

わが子は1歳4ヶ月になると、急にディーバイクミニを運転する能力が上達しました。

ハンドルをどちらに切れば、どちらに曲がるのかが理解できるようになります。体力も付くので、前輪を持ち上げて強引に方向転換する姿も見られました。

乗れるようになると楽しいようで、乗る頻度が上がりました。一日に一回は乗るようになっていました。

最初に転倒することへの恐怖心を持たないようにできれば、三輪ですからすぐに転倒しないようになります。そうなれば楽しく乗り回すようになります。

わが家では家の中で自由に遊んでほしいため、LDKのテーブルを取り去って、ディーバイクミニを乗り回すスペースを作りました。ディーバイクミニを乗り回すことができるようになった子供がいる家庭では、家の中に乗れるスペースを作っていることが多いです。

そこまで子供のためにできる家庭ならば、きっとディーバイクミニを乗りこなすお子さんにすることができるでしょう。

1歳6ヶ月

このころになると、「乗りこなしている」と言い切れるくらいになりました。

テーブルのまわりをかなりスピードでぐるぐる回ったりして、自由自在にディーバイクミニを操っていました。

上動画は乗り回している様子ではありませんが、雰囲気はわかってもらえるのではないでしょうか? (ディーバイクミニを乗り回している動画があまり残っていないため、あまりいい動画をアップできずに申し訳ありません)

スピードを付けて両足を上げて惰性で進む姿も、頻繁に見られるようになりました。朝起きたらディーバイクミニにまず乗るようになっていて、これがないと物足りなくなるほどよく乗ってくれるようになりました。

歩き始めの頃に買い与える人もいるのではないでしょうか? その場合、多くの子供が最初はまったく乗りこなせなくて、親としても「買ったのは失敗だった」と思うこともあるでしょう。私もそんな気持ちを持ったことがあります。

しかしその山を越えてしまうと、すいすいと乗りこなすようになるのです。もちろんその山が高い子も低い子もいるでしょう。しかし普通の三輪車に乗れない子供はいないことを考えると、ディーバイクミニもいつか必ず乗りこなせる時が来るはずです。

推奨年齢は1歳以上ですが、歩き始めたばかりでは乗りこなすことは難しいです。買っても思いのほか乗りこなすのが難しく、興味を持ってくれることもないまま放置されることもあるようですが、すぐ諦めるのはもったいないです。

大人でもスノーボードを始めたばかりの頃は、こんな怖いものはないと思うくらいひどい転倒をすることが多いです。それで嫌になって逃げない人が、楽しく滑れるようになるのです。

子供が嫌がっても根気よくフォローしながら乗らせてあげることで、山を越えて乗り回すことができるようになります。

どのように乗れることを教えたのか?

わが子にディーバイクミニを乗れるようにした方法を紹介します。

あくまでわが子に対してのことであり、どのお子さんでも同じやり方で乗れるようにはならないかもしれません。

また、とても運動神経の優れたお子さんの場合、何をしなくても簡単に乗りこなすことができるかもしれないことは、あらかじめお断りさせていただきます。

倒れないようフォローする

わが子がディーバイクミニに乗って転倒しないように、体を持ってフォローしました。

転倒することで、ディーバイクミニが怖くて楽しくないものだ思う子もいます。当たり前のことかもしれませんが、転倒をさせないことが何より大切です。

一度の転倒で二度と乗る気になってくれなかったという話も聞きます。バイクにまたがって転倒することは、歩き始めたばかりの子供には、とても怖いことを認識しなければなりません。

まだ1歳そこそこの子供は、右手と左手で、ハンドルを均等にバランスよく持つことができません。必ず片方を前に突き出すようになるため、ハンドルが切れてしまいます。その状態で前に進むもうとすると、すぐに転倒してしまいます。

ここで転倒を繰り返すと、倒れてばかりで楽しくないものだという気持ちが、頭にインプットされてしまいます。

注意してほしいのは、ゆっくりと転倒するのではなく、いきなりガタンと転倒することが多いことです。倒れ始めてからフォローしようとしても間に合わないこともあります。

転倒に対する耐性のない子は特に要注意です。遠くで見守るのではなく、倒れないように付きっきりでフォローしましょう。これがとても重要です。

転倒するのは乗り初めだけです。三輪なので、少しコツを掴めば転倒することはなくなります。そうなれば少しずつでも上達していき、いつかはすいすいと乗り回すことができるようになります。そこまでに転倒の恐怖心を持たせてしまうことで、乗りたくないと思わせないようにしましょう。

ジョイントマットの上で練習

乗り初めの頃は転倒することがありますが、ジョイントマットを敷いた室内であれば、怪我をすることはまずありません。ジョイントマットの上で練習させることがおすすめです。

芝生の上もいいのですが、タイヤが転がりにくくて前に進みません。快適に動かせないので、ディーバイクミニに興味を持たなくなる可能性があります。ご注意ください。

親が見本を見せる

これは賛否両論あると思いますので、実践するには自己責任でお願いします。

私は自分でディーバイクミニに乗って、見本を見せました。ディーバイクミニの耐荷重は20kgまでです。私は(173cm)55kgです。

大幅な体重オーバーですが、サドルに座ってなるべくディーバイクミニに荷重がかからないようにしながら、乗り回して見せました。しゃがんで移動するようなイメージです。とてもきついです。

しかし楽しそうに(笑)乗っているように見せることで、わが子はディーバイクミニに興味を持ってくれました。

すぐに妻(43kg)も協力して乗ってくれるようになりましたが、妻も大変だったでしょう。

わが子には兄弟がいませんし、近くに同じくらいの子供もいません。兄弟や友達がいる場合は、その子たちに乗ってもらうほうがいいでしょう。

いずれにしろ他人が楽しそうに乗り回している姿を見ることで、子供の乗りたい気持ちを高めることができることは間違いありません。

使用時の注意点

最後に使用時の注意点を書いておきます。

壁に注意

このバイクは乗りはじめは転倒することがあります。壁のそばでバランスを崩すと、バイクと一緒に倒れて頭を壁にぶつけてしまいます。

わが子は上達途中には、方向転換のために前輪を動かすことに全神経を集中していました。そばに壁があることなど眼中になかったようです。倒れたらとても危険です。

乗り始めたばかりで転倒する危険のある時期だけは、そばで見守って倒れても怪我しないようにフォローしてあげてください。

持ち上げての方向転換

わが子は前輪を持ち上げて方向転換するのが大好きです。この時に気を付けないと、タイヤで足の指を踏んでしまう可能性があります。

できることなら前輪を持ち上げて方向転換することは、させないほうが安心です。

まとめ

このバイクは子供に始めて運転という体験をさせることができるものです。1歳そこそこで運転できるものはディーバイクミニしかありません。

少しでも早いうちに運転するという喜びを体験させて、能力を向上させるためにも、ぜひ購入をお勧めします。

最初はうまく乗りこなせません。それは普通の子ならば当たり前です。頑張って倒れないようにフォローしながら、楽しく上達させれば、必ず乗りこなすことができます。バイクを操る楽しさを知ることで、子供の知能と体が健全に成長していくでしょう。

わが子は二輪のキックバイクであるストライダーは、1歳8ヶ月で乗りこなすことができるようになりました。これもディーバイクミニを乗りこなすことができたからでしょう。

ぜひ皆さんのお子さんにも、ディーバイクミニに乗らせてあげてください。

-子育ておすすめ品

Copyright© 家づくりと生活 一条工務店i-smart , 2021 All Rights Reserved.