英語学習

ワールドワイドキッズを買わなかった理由 幼児英語学習教材の考え方

幼児から始められる英語教材で、ディズニーワールドイングリッシュ(DWE)ワールドワイドキッズ(WKE)の二つのどちらにしようか迷っている方も多いでしょう。

WKEも魅力的でしたが、我が家ではDWEを購入しました。WKEを選ばなかった理由についてまとめました。

WKEの魅力

英語教材を探す時、DWEとWKEの二つが候補に上がりました。そのような人は多いと思います。徹底的に調べ、サンプルもいただきました。

購入はしませんでしたが、WKEはとてもいい教材だと思っています。

WKEの魅力的なところを挙げてみます。

DWEに比べて安い

DWEはフルセット購入で100万を越えます! いくら子供のためならお金は惜しまないと考えている過程でも、ちょっと高すぎると思ってしまう価格設定です。フルセットの購入はかなりの覚悟がいる人も多いのではないでしょうか。

しかしWKEは26万(2020年現在)で、DWEのフルセットと比べても1/4ほどの価格です。これなら手が届くと考えた人もいると思います。

100万のDWEの購入を検討した人には、 「26万のWKEって安い!」と思うことでしょう。DWEに比べたら価格の安さが大きな魅力なのです。

年会費がない

DWEはフルセット購入価格も高額ですが、購入した日とほぼすべてが加入するワールドファミリークラブの会費が、一月で 3,348円 もかかります。年40,176円です。この費用もバカにはなりません。

しかしWKEは入会費も年会費もありません。

フォニックスがある

DWEにない教材としては、フォニックスと言う発音練習できる教材が付いています。これは一つ一つの発音を徹底的に勉強するもので、正しい発音を見に付けられるといわれています。販売員の人に話を聞いたところ、フォニックスがあるのでWKEを選んだという人が多いとのことです。

英語の発音は大切です。フォニックスがあることは、人によってはかなり魅力的で重要なことだと思われます。

子供に飽きさせない演出の映像が多い

DVDやブルーレイを見せて学習させようとしても、子供がすぐに飽きてしまって興味を持たなくなってはどうしようもありません。

それを考えて、子供が興味を持つようなちょっと派手で動きの多い演出がされています。サンプルのDVDを見た限りでは、DWEはあまり派手でない普通の映像で、WKEは動きの多い派手な演出が多いです。 子供が飽きないのはWKEの方だと思います。

WKEを選ばなかった理由

WKEはよくできた教材です。子供も一生懸命サンプル品を見ていました。しかしいくつか気になることがありました。

フォニックスはいらない

WKEを選ぶ人がポイントに上げることの多いフォニックスですが、私は必要ないと思いました。理由は、大人が英語を覚えるのではなく、子供が英語を覚えていくからです。

大人になってからネイティブな英語を聞き続けても、聞き取れない発音がたくさんあります。そのような人はネイティブな発音を聞いただけでは、発音の仕方を考えられません。聞き取れなければ、真似することはできないからです。大人にはフォニックスの発音練習は役に立ちます。

しかし幼児は、英語を聞き続ければネイティブな英語の発音を、すべて聞き取ることができるようになるはずです。そうなればフォニックスがなくても、自分で発音を工夫して出すことができるのです。

母国語の発音は、毎日聞いているうちに自然に覚え行きます。そうでなければアメリカ人やイギリス人は英語の発音ができないはずですから。

幼児の頃からまるで英語圏にいるようにたくさんの英語の発音を聞き続けていれば、英語耳が育ち、それに合わせて自分で発音の仕方を編み出してくれるはずです。

つまり 子供が英語を勉強するには、フォニックスは必要ないということです。

演出が派手すぎる

これは私がテレビをまったく見ないので気付いたのですが、 WKEの映像は派手過ぎです。動きが激しいので、画面を見ていると頭がくらくらしました。テレビ画面を見慣れていない私なので感じることでしょう。

子供もテレビ画面を見慣れていない場合は、WKEの画面を見るのは、最初はかなり疲れるのではないでしょうか。このように子供に疲れを感じさせる教材は、学習にはあまり適していないと考えたのです。

わが子はDWEを購入して、1歳2ヶ月で英語学習を始めましたが、英語学習を始めるにはかなり早い時期だと思います。まだ生後1年ちょっとという早い月齢で、目が疲れるような演出のものを見せることは、(私の感想ですが)精神的な問題を引き起こしそうで、ちょっと怖いと感じてしまいました。

非科学的な動きは避けたい

子供が突然穴に落ちて消える。サンプルDVDにはそのような演出がありました。このような演出は私は嫌いです。

1歳の子供は、非科学的な演出を理解できません。急に姿が消えることは日常生活では絶対見ることができないことです。それを映像で見た場合、単純に面白いと思う子供もいるでしょう。

しかし「どうして消えた?」と真剣に考えてしまう子供もいるはずです。テレビの中の虚像だという概念がない1歳そこそこの子供に、突然人が消える現象はどう映るでしょうか? 何が何だかわからず、理解ができないと思います。

子供には 嘘のない映像を見せたいのです。1歳になったばかりのころは、テレビ動画で 日常生活ではあり得ない動きを見せるのは反対です。

0~1歳向けの教材が弱い

DWEにはプレイアロングという0~1歳の子供向けの教材があります。もちろんWKEにもステージ0という0~1歳向けの教材がありますが、プレイアロングに比べると内容がかなり劣るようです。

これは私も徹底的に調べましたが、その結果、わが子の月齢1歳2ヶ月で始めるには、WKEよりもDWEの方が適しているとの判断をしました。

WKEの方がおもちゃはしっかりしていると思っていましたが、DWEのプレイアロングに付いてくるおもちゃも、よく考えられていて遊ばせるには文句がありません。

0~1歳児に英語学習をさせるならば、WKEよりもDWEの方が効果があると思えました。

2歳以上の子供はWKEもいいかも?

WKEの販売員の方に話を聞くと、DWEを買う人は、WKEも買うとのことでした。100万出せる人は、もう20万出すことに抵抗はなく、両方購入することでさらに効果的に、しっかり英語学習をさせたいと思うのでしょう。

私もその意見には賛成です。しかしWKEの映像の演出には少々違和感が残ったことと、1歳児にはWKEに効果的な教材がないと判断したため、WKEの購入はしませんでした。

逆に言えば2歳以上の子供の場合は、少々派手な演出でも見ていて疲れることも少なく、テレビが虚像だという概念も持つようになるので、私の感じているWKE映像の問題点を考える必要はなくなります。

0~1歳向けのステージ0から始めるのではなく、ステージ1から始められます。WKEのステージ0とDWEのプレイ・アロングを比べると、プレイ・アロングの方が出来がいいと思いますが、2歳から始めるのならステージ0やプレイ・アロングを使わなくても大丈夫です。

そうなると2歳を超えた子供には、やり方によってはDWEでもWKEでもしっかり英語を学ばせることができるのではないでしょうか。

私は必要ないと思ったフォニックスですが、人によってはあった方が正しい発音が身に着くかもしれません。

そして大切なのは、お子さんによっては2歳くらいになると、「DWEの演出が単純でつまらなく感じる」という情報がありました。派手な演出の少ないDWEでは、すぐに子供が飽きてしまい見てくれなくなることは多いようです。

それらを考えると、 2歳から英語学習を始めるのなら、WKEも選択肢に入れるといいでしょう。

私はDWEを購入して後悔はまったくありませんが、これも人によって違うと思います。しっかり考えて後悔のしない判断をしてくださいね。

 

-英語学習

Copyright© 家づくりと生活 一条工務店i-smart , 2021 All Rights Reserved.