能力向上

高速ハイハイで赤ちゃんの運動神経が大きく向上! 重要性と効果を紹介

赤ちゃんは早く立たせたり歩かせたりするよりも、ハイハイをたくさんさせるべきだという考えが主流になってきました。ハイハイをさせると体幹が強くなるとか、バランス感覚が磨かれるなどの効果がたくさんあると言われています。

赤ちゃんにハイハイさせることは重要ですが、高速ハイハイをすると、さらに赤ちゃんの能力アップが期待できます。わが子は超高速ハイハイをした子供でしたが、その後の運動能力の伸びはすごいものでした。

この記事では高速ハイハイさせた子供がどのような成長したのか、実際の動画で紹介しています。

高速ハイハイのすごい効果と、高速ハイハイをさせる方法について紹介します。

高速ハイハイとは

ここで、このサイトの高速ハイハイの定義を説明しておきます。

高速ハイハイと聞くと多くの人が、「うちの子もハイハイは速い」とか「誰でも高速ハイハイしている」と考えるようです。

インターネットで「高速ハイハイ」の動画を見てみると、本当に速いハイハイから、あまり速くないハイハイまでさまざまです。すべて「高速ハイハイ」というタイトルが付けられていることから、人によって速いと考えているスピードが違うことがわかります

アメリカの研究者で、赤ちゃんのハイハイのスピードは、5cm/Sから40cm/Sだと言っている人がいました。一般的に考えるハイハイの最高速は、40cm/Sということなのでしょう。しかし一秒間に40cm進む赤ちゃんはちらほらいます。積極的にハイハイする子供ならば、そのくらいのスピードを出せるようになるのです。

ここでは誰でも出せるスピードよりも少し上のレベルの、50cm/S、つまり 一秒間に50cm以上進むハイハイのことを、高速ハイハイとさせていただきます。

一秒間に50cmとは、なかなかの高速です。わが子がハイハイレースの前の練習で、一秒間で40cmほどのスピードで進みました。それを見た人たちは、「すごい」「速い」「あれには勝てない」とびっくりしていました。つまり40cm/Sとは、できる赤ちゃんはたまにいますが、一般的にはかなり速い印象があることになります。

夫婦で頑張ってたくさんハイハイをさせた結果、わが子は 超高速ハイハイを会得しました。わが子のハイハイをぜひご覧ください。👇

このハイハイのスピードは、120cm/Sです!

もし自分の子供を早く立たせたい、歩かせたい、と思っている方は、もう一度考え直してみてください。高速ハイハイできる子供になってくれると、早く立ったとか早く歩いたなんてことなどとは比べ物にならないほど、うれしいものですよ。※NHKの番組で、この高速ハイハイの動画が使われたこともあります。

わが子と同時期に生まれた子供で、わが子よりも早く歩いたと自慢する知り合いもいましたが、それを聞いてもまったくうらやましいと思いませんでした。

「わが子は真の高速ハイハイができる子供なので、歩かせようと思えばいつでも歩かせることができる」という心の余裕もあったからです。そして 子供の能力向上にもつながる(と私は考えている!)のです。

子供を授かったのならば、高速ハイハイさせるようにさせてあげないと、もったいないと思うのです。

能力を向上させるハイハイとは

ハイハイ期を長くするよりもハイハイの質を上げることが重要だと考えています。

ハイハイは赤ちゃんごとに形もスピードも違います。質の高いハイハイは、綺麗な形でスムーズに速いハイハイできることです。

最初はぎこちなくてスムーズに体を動かすことができず、ぎっこんばったんしていたハイハイも、時間とともにスムーズになっていきます。

ここで注意しなければならないのは、ほとんどの人(父母)は、ハイハイはどのように上達していくのか知らないことです。知らないとどこまで技術を上げればいいのかわからず、ハイハイを速くすることよりも立たせることや歩かせることに意識が行ってしまいます。

また上達の途中で歩くことを覚え、ハイハイしなくなってしまうと、当然ですがハイハイの技術それ以上は上達しません。能力向上のためにも、ハイハイ期を長くして、少しでも上達させることが大切です。

 

それではハイハイのレベルについて、私の考えを説明します。

1)ハイハイができるようになる

ハイハイができるようになったばかりの頃は、手足をスムーズに連動させて動くことができず、ぎこちない動きでハイハイします。

2)手足の動きが連動する

手足の動きがうまく連動して、ゆっくりながらもスムーズに動くようになります。

3)手足の動きが速くなる

手足が速く動くようになり、スピードが上がります。スピードが20cm/秒くらいになります。

多くの赤ちゃんは、このくらいのレベルには達します。

4)高速に移動する

動きがとても速くなり、40cm/秒で移動できるようになります。

さらに動きが速くなると、60cm/秒くらいになります。細かく超高速で手足を動かせるようになります。

このレベルまでくる子は、ほとんどいません。

5)1ストロークが長くなる

手を目いっぱい伸ばして、一歩で進む距離が大きくなります。場合によっては100cm/秒以上で移動することもできるようになります。

よほどハイハイが好きでないと、ここまでの動きはできません。


以上の流れで、ハイハイは上達していきます。

おそらくほとんどのお子さんは、私の定義した最高レベル5にまで到達することができると思っています。

しかしその前に歩かせてしまうことで、最高レベルに達することができないのです。

ハイハイの質と運動神経

運動神経を良くするために大切なのは、0歳児など少しでも早い時期に高度な運動をさせることです。

まだ高度な運動など本来ならできない月齢で、 高度な動きを会得することは、絶対に今後の成長にプラスになるはずなのです。

ハイハイをすると運動神経が良くなるということを言われていますが、それについて否定的な意見もあります。

しかしハイハイが究極に上達すれば、絶対に運動神経は上がると私は思っています超高速ハイハイは、運動神経が高くならなければできないことだからです。0歳児でできる高度な運動と言えば、超高速ハイハイしかないのです。ハイハイを超高速でできるようにしてあげることで、能力を高められると考えます。

これからわが子が超高速ハイハイを会得した結果、得られた効果を紹介していきます。少しでもハイハイのレベルを上げた状態で、二足歩行に移行することを考えてみてはいかがでしょうか?

 

質の高い高速ハイハイをするようになると、様々な効果が期待できます。わが子に高速ハイハイをさせたことによる、高速ハイハイの効果を挙げてみます。

速く手足を動かすことで、体幹が鍛えられる

人間の基本動作である「歩く」「走る」の二つのために必要な体幹が鍛えられます。普通のハイハイでも鍛えられますが、高速になればさらに鍛えられるはずです。

わが子は歩き始めてすぐに走れるようになりました。体の基本である動きがしっかりしているので、バランスが取れて走れるようになったと考えています。

転倒時の対処ができるようになる

高速ハイハイすると転倒することが多くなります。転倒とは、ハイハイ中に手を滑らせるなどして、床に倒れ込むことです。

ハイハイ中に転倒することを繰り返しているうちに、転倒に対する対処方法が身に付き、転倒に慣れて対応できるようになります。

頻繁に転倒していると、ハイハイ以外のシーンでも、少々の転倒ではへっちゃらになり、泣きだすことが減りました。

痩せる

8ヶ月程度の赤ちゃんは、まだまだ脂肪がたくさん体に付いていて、そのために動きが鈍いことが多いです。

高速ハイハイするとかなりのカロリーを消費するため、脂肪がそぎ落とされます。脂肪がそぎ落とされることで、身軽になります。身軽になることで動きが速くなり、ハイハイ以外の動きもすべて速くなります

わが子の動きはハイハイ期から、とても素早かったですよ。

運動神経が良くなる

超高速ハイハイは、運動能力が向上していかないとできません。

最初は出来なくても、頑張っているうちに高速ハイハイができるようになります。私はわが子が高速ハイハイできたのは、運動神経がアップしたからこそだと考えています。

少々の速さではなく、本当に速いハイハイをするようにできたら、絶対に運動神経は上がっているはずです

よく食べてよく成長する

高速ハイハイを繰り返すと、お腹が減るのでよく食べます。

たくさん食べることで必要な栄養素もたくさん摂ることができ、健全に成長することが期待できます。

心肺能力が上がる

連続で高速ハイハイをすると、わが子は息を切らせています。0歳のうちに息の切れる運動を繰り返し行うようになると、心肺が相当鍛えられるはずです。

赤ちゃんを泣かせると心肺が鍛えられると言われますが、高速ハイハイを連続して行うことの効果は、その比ではないくらい鍛えられるはずです。

脳が活性化され成長が早まる

わが子は手を振ったり手を叩いたりすることを、かなり早い時期に習得しました。

人の真似をするようになったのも早かったです。いなくなった親がいつか戻って来ることを理解するのも早かったです。

高速ハイハイが脳にいい影響を与えたという証明はできませんが、私は関係あり、知能の発達が進んだと考えています

器用になる

わが子は指先がとても起用で、指を細かく動かすことができるのが早かったです。生後8ヶ月時にはもうすでに落ちていた髪を指先でつまんで、拾い上げていました。

器用な子になったのは、高速ハイハイの影響である可能性があります。

精神的な成長がある

わが子のハイハイは、真剣な表情でスタートダッシュを繰り返します。

高速ハイハイの途中で失敗して転がると、本気で悔しがっています。その姿は、まるでスポーツをしているようでした。

このようなハイハイをすると、していない子よりも失敗を悔しがる気持ちが早い時期に沸き起こります。精神的に成長するのです。

健康になる

わが子は産まれてから1年間、一回風邪をひいただけで、熱を出したことがそれ以外にありません。

よく動く子は健康になるのです。

ハイハイレースで優勝できる

赤ちゃん用品の販売店(赤ちゃん本舗など)のハイハイレースで、圧勝します。本物の高速ハイハイを手に入れていると、他の子と勝負になりません。

わが子は30人6レースの中で、月齢は下から5番目でしたが、最高タイムでゴールしました

生後9ヶ月時でしたが、その時にレースに出場していた生後1歳半の子と比べても、勝負にならないくらいわが子の方が速かったです。

高速ハイハイをさせるために

いかがでしょうか。お子さんにも高速ハイハイをさせたいという気持ちが沸き起こってきませんか?

それでは赤ちゃんに高速ハイハイをさせるための方法を紹介します。

早くから立たせない

早くから立たせると、立つことに興味を持ってしまい、ハイハイの意欲が落ちることになります。なるべくつかまりだしを阻止して、立たせないようにしないと、ハイハイを極めることは難しいです。

わが子にはできる限りでつかまり立ちを阻止し、ハイハイ期を長くするようにしました。

以下のリンク先につかまり立ちを阻止した、つかまり立ちは急ぐ必要はありません 早く立たせないで健全な成長をという記事があります。興味のある方はご覧ください。 👇

高速ハイハイする赤ちゃん
つかまり立ちは急ぐ必要はありません 早く立たせないで健全な成長を

今までハイハイしかしなかった赤ちゃんが、自分の力で立ってくれるようになると、とてもうれしいものですよね。 物につかまって立ち上がる「つかまり立ち」を初めて自分の子供がした時は、成長の階段を大きく上って ...

続きを見る

広いスペースがある

これは絶対に必要です。広いスペースがないと、赤ちゃんが気持ちよくハイハイできません。

わが家ではテレビを見る環境を犠牲にしても、赤ちゃんのために広いスペースをダイニングに設けました。もちろん大人が生活するには住みにくくなっていますが、かわいい子供のために、我慢しています。

速くなりたいというスイッチを入れる

赤ちゃんが自ら体を鍛えて、高速ハイハイできるようにならなければいけません。

これがとても難しい。速くなることが楽しいというスイッチを入れるために、我が家では鬼ごっこをしました。

ハイハイで逃げたり追いかけたりするのです。わが子は声を出して喜び、必死で逃げたり追いかけたりしてくれるようになりました。

もう一つ大切なことは、親が子供に全力のハイハイを見せて、速くハイハイすることはすごいと思わせたことです。細かなピッチで素早く手足を動かす姿を見せました。

これらのことでわが子にはハイハイを速くしようというスイッチが入り、一人で勝手にハイハイ練習を繰り返し、高速ハイハイを手に入れたのです。

高速ハイハイしたいというスイッチを入れる方法は、赤ちゃんによって違うかもしれません。様々な方法を試して、赤ちゃんにスイッチを入れてください。

怪我しない床面にする

ハイハイの距離が伸びると、フローリングではひざを痛めます。

ネットではフローリングでも赤ちゃんはハイハイできるとか、ハイハイでは膝を痛めることはないなどの情報もありますが、たくさんハイハイする子や、高速ハイハイする子は、すぐに膝が腫れ上がります

市販のひざ当てなどはあまり役に立ちません。

このジョイントマットは安全性が高く、適度な硬さで大人が歩いてもやわらかすぎて歩きにくいことはないのに、赤ちゃんの転倒時はしっかりと体を守ってくれる優れものです。ハイハイだけでなくつかまり立ちなどで転倒を繰り返す不安定な時でも、安心して使えます。

わが家ではハイハイが高速になって膝が腫れあがってしまったので慌てて購入しました。少しでも早く購入したほうが、長く使えてお得です。

1歳半になった今でも、走り回っての転倒が頻繁にあるわが子ですから、まだまだジョイントマットはなくてはならないものです。赤ちゃんのためにも、ジョイントマットを敷くことをおすすめします。

このジョイントマットについては、ジョイントマットは何がおすすめ? わが家で選んだ最高のジョイントマットという記事を書いています。

LDKに敷き詰めたジョイントマットの上に滑り台付きジャングルジムが置いてある
ジョイントマットは何がおすすめ? わが家で選んだ最高のジョイントマット

赤ちゃんが安全に家の中で活動するために、床にマットを敷く家庭が多くなっています。 マットの中でもジョイントマットはおすすめで、60cmほどのマットを簡単につなぎ合わせて使うことができるものです。 転倒 ...

続きを見る


このように楽しくハイハイできるようにいろいろ考えた結果、わが子は超高速でハイハイするようになりました。

まとめ

冒頭でも書いていますが、私は赤ちゃんが本当の高速ハイハイをするようになった時、 始めてハイハイの効果が出るのではないかと思っています。高速ハイハイすると、あらゆることで能力が上がる気がするのです。

0歳の子供にさせるからこそ、価値のあることはあるはずで、高速ハイハイはまさにそれだと私は考えます。少しでも小さなうちに物事の基本を作るのが一番いいのです。

わが子が高速ハイハイするようになった理由は、私たち両親が、少しでもたくさんハイハイさせたいという気持ちを持ったことがすべてです。たくさんハイハイさせるため、ハイハイが楽しいという気持ちにしたくて、鬼ごっこをしました。たくさんハイハイして欲しいので、広い空間を用意しました。

それらの気持ちが、わが子を高速ハイハイするようにさせたのだと思っています。

 

子育ての本にも、速いハイハイをさせたほうがいいと書かれていることはありません。しかしそれは、著者が自分の子供に高速ハイハイをさせたことがなく、その効果も知らないからではないでしょうか。

本当の高速ハイハイをした子供は、おそらくほとんどいないと思います。本当の高速ハイハイをした子供は、その後の運動神経の伸びがすごいと、私たち夫婦は実感しているのです。高速ハイハイはあらゆる能力を向上させる可能性のあるものなのです。

特に優れた運動神経を持っていなかった私たち夫婦でも、2歳を過ぎたころには、あまり他の子ができないようなことがたくさんできるようになったことの大きな要因は、高速ハイハイをさせたことによるものだと思っています。

2歳前には乗ることが難しいと言われるキックバイクも、わが子は自分の手足のように簡単に乗り回しています。

私たち夫婦はスポーツで素晴らしい実績を上げていたわけではありません。父親である私が、短距離長距離問わず走るのが速かったくらいで、夫婦共に運動神経は並み程度です。

その子供が、親の熱意ある育て方で高速ハイハイするようになったのです。その気になれば、どの赤ちゃんも高速ハイハイさせることができるのではないでしょうか。

 

わが子は1歳3ヶ月で高速で走り回るようになりました。

高速ハイハイしたことで、運動能力が上がり、なんでも全力で行うことを学習してくれたのではないかと思っています。そのため走り出すのがとても早くできるようになったのでしょう。

赤ちゃんがハイハイを始めたら、高速ハイハイできるようにできる限りのことをしてはいかがでしょうか。

上で紹介した動画以外にも、youtubeチャンネルにまだ様々な動画があります。時間に余裕のある方は、是非ご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCicZz-2SoZiOTk4QDcCT9lg

 

赤ちゃんを早く立たせるよりもハイハイは大切です。ハイハイ期になるべく早く立たせようとしないことは重要なのです。以下のリンク先に赤ちゃんを歩行させるために重要なポイントを書いた、立つ前が重要 赤ちゃんが歩行するために大切なことという記事があります。是非ご覧ください。

靴を履いてアスファルトの上を歩く幼児
赤ちゃんが歩く時に大切なこと  立つ前にたくさん転がらせましょう

わが子が歩き始めのころ、転んでも転んでもすぐに起き上がって歩いていました。このような子供は、歩き出してからスタスタとスムーズに歩き回ることができるようになるまでが、とても早いことが多いです。 多くの人 ...

続きを見る

 

-能力向上

Copyright© ゆとらいむ 子育てと暮らしweb , 2021 All Rights Reserved.