わが家の子育て

自分の子供は一番かわいいと思えるのはなぜ? 考えられる理由はこれだ!  

自分の子供が一番かわいいと思っている方は多いです。知り合いに聞いても、自分の子が一番だと言う人はたくさんいます。

自分の子供はこれほどかわいく見えるのにはなぜでしょうか? 理由を知りたくありませんか?

自分の子供がかわいい理由

自分の子供がかわいく見える理由は、調べて見るといくつかあります。

母乳を与えることでホルモンが出る

女性は母乳を与えることでホルモンが出て、自分の子供がとてもかわいく見えるという説があります。哺乳瓶で与えても、同様にホルモンが出ると言うことです。確かにそのようなことがあるため、自分の子供がとてもかわいく見えるのかもしれません。

しかし待ってください。私は父親であり、男です。男性にはこのようなホルモンが出ることはないはずで、そうなると自分の子が一番かわいいと思う気持ちが母親よりも薄いはずです。

しかし私を含めて知り合いたちも、父親はみんな、自分の子供が一番かわいく見えると言います。母親だけでなく父親までもが自分の子供がかわいいと言っていることで、ホルモンが分泌されるという説は信憑性がちょっと疑われます。

赤ちゃんの形が人間に好まれる

もう一つの説として、真ん丸に二つの丸がある図形を、哺乳類は好むという考えがあります。赤ちゃんの顔は真ん丸で、二つの丸い目があります。哺乳類が好む図形そのものだということです。

しかしそうだとしたら、自分の子供だけでなく、すべての子供がかわいく見えるはずです。

自分の子が一番かわいいと思うのですから、この説の信憑性もやや疑ってしまいます。

子供がかわいい気持ちは人間の本能

一般的に言われる二つは、私的には「なんとなく信用できないな」と思っています。それでもわが子がかわいくて仕方がないので、自分なりにその理由を考えてみました。

そこで行きついた考えは、なぜ人類は死に絶えなかったのか?」ということでした。

今ではしっかりした家の中で育てられるので、冬は暖かく夏は涼しいです。食べ物も豊富にあり、不自由なく育児ができます。

しかし大昔は、今とは違いとても生活自体が大変だったでしょう。極端な話をすると、原始時代では生きていくだけでも大変なのに、育児が加わったらその大変さは想像を絶するものだったと想像できます。出産直後に子供にかかる手間に耐えられず、育児放棄してしまうことだってあってもおかしくないのです。

しかし人類はその状態でも子孫を残してきました。我々の祖先は生まれたばかりの赤ちゃんをしっかり育ててきたのです。これは、自分の赤ちゃんがとても可愛いと思えなければできなかったはずなのです。

私は 我々の遺伝子に、「自分の子供がとてもかわいく思える」という意識が備わっているのだと考えています。それがあるから育児がどれほど過酷な状態でも、放棄することなく育てていけるのです。

自分の子供がかわいく思えなければ、育児の過酷さに耐えられず育児放棄する家庭が増えて、人類は死滅しているかもしれないのです。

生れたばかりのわが子

自分の子供はとてもかわいいですよね? かわいさでは誰にも負けず、わが子が一番だと信じている方も多いのではないでしょうか。

私が経験した、わが子ゆえに盲目になっていて、実際以上に可愛いと思い込んでいた事例と、注意点を紹介します。

わが子が生まれた時の気持ち

私が18歳の時、姉の子供が生まれました。赤い顔に腫れた目のひどい容貌で、姉はサル以下のとんでもない子供を産んでしまったのではないかとびっくりしました。

その経験があり、生れたばかりの赤ちゃんは、お世辞にもかわいくないと知っていました。しかし自分の子供が生まれたとき、不思議にもとてもかわいく見えたのです。

ちっちゃくて動きもやわらかくて、鳴き声も耳障りではない小さな響きで、とにかく可愛いんです。

見てくれた人はみんな可愛いと言ってくれますし、とても可愛い子が生まれたと思っていました。

そして一ヶ月経った時のわが子は、本当に可愛くなっていました。

目がパッチリして整った顔立ちです。ますます可愛くなってきました。

そして生後1ヶ月になった時、わが子はさらに可愛くなりました。自分の子供じゃなくても、絶対に誰もがかわいいと思ってもらえると信じていました。

ベビー用品のパッケージに印刷された赤ちゃんの写真を見て、「絶対にうちの子の方がかわいいね」と夫婦でいつも言っていたくらいです。

その後、相変わらず誰にも負けないくらいわが子は可愛いと信じたまま、わが子が7ヶ月になりました。

自分の子供は可愛く見える

よく言われるのが「自分の子供は可愛く見えるが他の人から見たら可愛く見えない」ということですね。

でもわが子は誰が見てもかわいいと言ってもらえるくらい、本当に可愛いと思っていました。だからとても幸せでした。

確かに生まれたばかりは後から見ると可愛く見えないけど、顔が整ってくる1ヶ月後からはずっと、とても可愛いと思っていたのです。

そんな時、わが子を見る目が盲目的だったと思うしかないことがありました。

わが子は生まれて4ヶ月の時から10ヶ月を越えた時まで、体重がまったく変わりませんでした。体重の増加が10ヶ月以上の間、まったくなかったのです。ゼロなんです。

4ヶ月検診で8040gだったのですが、10ヶ月半になって測ると、8070gなんです。

30gなんて、誤差程度ですよ。

元気でよく動きますし、よく母乳も飲みます。体は何も問題ありません。それでも体重がまったく増えない理由は、4ヶ月の時点で太り過ぎていたからなんです。

そこであらためて、写真を見直してみました。生後4か月児の写真を見たところ、絶句しました。「これはひどいな」と思うくらい太っていたのです。

太っていても、自分の子はかわいいです。それは誰もが同じではないでしょうか。問題は、私も妻も、「少し体重は多いけど、ほぼパーフェクトくらいに可愛く育った素晴らしい赤ちゃんだ」と思っており、ひどく太っているという意識がまったくなかったことです。

そのころにわが子を見に来た人は、みんな太ももの太さにびっくりしていました。いつも言われたのが、「こんなに太い赤ちゃんの太ももを見たことがない」とのことでした。

姉などは「太すぎて病気じゃないかと思うくらいだ」と正直に言いました。それでも私たち夫婦はその言葉をまったく気にせず、「そこまで太っていないからまったく問題ない」と思っていました。

わが子がかわいいと思うあまり、現実を認識することができなかったのです。

運動することでスリムになった

わが子はハイハイが始まると、驚異的なスピードで毎日大変な距離を移動するようになり、わが子はあっという間にスリムになりました。

スリムになるとその状態が当たり前だという認識になります。つまり今のわが子が一番かわいいと思ったために、以前のわが子と今のわが子の違いに気付くことができたのです。

注意すべきこと

もちろん今でも、わが子が一番かわいいと思っています。(親バカですね)

しかし生まれてからずっと、誰にも負けないくらい可愛いと思い続けていたことに驚いています。自分の子供だというだけで、あそこまで太ったわが子が、太っていないと思っていたその気持ちに驚いています。

気を付けなければいけないことがあります。

今ではほとんどの人が、スマートフォンに自分の子供の写真を入れているでしょう。そしてそれを、ことあるごとに見せていないでしょうか。

しかし見せられた人は、可愛くないものを見せられて、可愛いと言わなきゃならない状況に立たされてしまうかもしれないのです。

自分がいくら可愛いと思っていても、傍から見たら少しも可愛いと思ってもらえないことはあるのです。だから、あまり自分の子供の写真を自慢げに人に見せてはいけないのですね。

私は今まで、わが子を4人だけにスマートホンで見せました。数の問題ではないと思いますが、4人だけでよかったと思います。おそらくその人たちも、「なんてデブな子供だ」と思っていたのではないでしょうか。

まとめ

自分の子供が誰よりもかわいいと信じている方は、その気持ちは自分の中にしまっておくことがいい場合があります。

本当にかわいい子もいますが、もしかしたら私のように盲目になっている可能性があります。このことだけは、少しだけでも心に止めておくことは、きっと大切なことだと思います。

とはいえ皆さんの考えることは一つですね。「わが子が一番かわいい」のです。

その気持ちがあるので、 人類は滅亡せずに繁栄しているのです。

-わが家の子育て

Copyright© 家づくりと生活 一条工務店i-smart , 2021 All Rights Reserved.