ハウスメーカー選び

タウンライフ家づくりでハウスメーカー選びをする場合のポイントと注意点

家についてはまったく知識がない方が行う第一歩として、タウンライフ家づくりのサイトを利用することをお勧めします。

タウンライフ家づくりは、ハウスメーカー選びを助けてくれる便利なインターネットサービスです。

複数のハウスメーカーから、依頼者に合ったハウスメーカーを選び出してくれます。そのハウスメーカーから、無料で間取りプランも作成してもらえますし、カタログも無料でもらえます。すべてのサービスが、完全無料で利用できるのです。資金計画や土地の提案までしてもらえることもあります。

入力もわずか数分で完了するほど簡単です。

他にもハウスメーカーに一括して資料を請求できるサービスはありますが、間取りプランや資金計画、土地提案までしてくれるサービスは、タウンライフ家づくりしかありません。

今ではタウンライフ家づくりは、多くのブログで紹介されており、「またタウンライフの広告か」と思う方も多いかもしれません。

しかしタウンライフ家づくりは、使うととても便利なサービスなのです。名前を聞いて食傷気味な方がいるかもしれませんが、ハウスメーカー選びを真剣に考えている方は、ハウスメーカー選びがどうして難しいのか、またそのハウスメーカー選びを助けてくれるタウンライフ家づくりのサービスは、どのように役立つのかを理解しておくと、いい家を建てることができると思います。

ハウスメーカーを決める手順

ハウスメーカーを決める時の手順について、簡単に説明しておきます。

家だけに掛けられる予算を冷静に考える

現在の貯蓄や年収を元に、どのくらいの住宅が建てられるのか考えます。

しかし土地を買う場合、その費用も考えなければなりません。

それらを計算して、家本体にだけ掛けられるお金が、おおよそ決まってから、どこに頼んで家を建ててもらうかを考えます。

予算を考えずに、憧れのハウスメーカーとコンタクトを取って契約前に打ち合わせなどをしても、おおよその総予算を聞いて、諦めざるを得ないこともあります。その場合、展示場を回って話を聞くなどした時間が無駄になります。

注意したいのは、高級なハウスメーカーの展示場を見てしまうと、レベルダウンした家が物足りなくなってしまうことです。

そうならないためにも、有名ハウスメーカーの展示場を訪問する前に、家だけに掛けられる費用をしっかり考えてください。

某有名ハウスメーカーでは、展示場に入るととても好意的に接してきますが、お金がないとわかった時点で、そっけない態度に変わってとても嫌な思いをしたという人の話を聞いたことがあります。そのような思いをしないためにも、家にかけられる費用は先に把握しておきましょう。

高くて小さな家か、安くて大きな家か?

高い家を建てる場合、お金がなければ建坪面積が狭くなる、つまり小さな家になってしまいます。しかし安い価格で家が建てば、大きな家を建てることができます。

どちらが重要か考えてください。高級な家を建てても、狭くて不自由に感じることがあります。

ローコストハウスメーカーと工務店

家を建てる価格を抑えようと考える方は、ローコストハウスメーカーと、地元の工務店のどちらがいいのか考える必要があります。

大手ハウスメーカーは広告や展示場の維持費などで余計なコストがかかっているため、それらが一切かかっていない地元の工務店で家を建てたほうが、安く上がることがあります。

しかし材料の大量購入で単価を下げられるなどの理由で、大手のローコストハウスメーカーでも、地元の工務店に負けないくらい、坪単価が安いところもあります。

この二つのどちらを選ぶかは、人によって価値観が違うため、判断が難しいこともあるでしょう。

私はハウスメーカーで家を建てました。工務店でなくハウスメーカーを選んだ理由について、家を建てる時、工務店ではなくハウスメーカーを選ぶ理由という記事を書いています。ぜひお読みください。

ハウスメーカー選びは難しい

ハウスメーカー選びをする時に考えるべきことをまとめてみます。

  • 家本体にかけられる費用を考える
  • 予算の中で、高くて小さい家にするか、安くて大きい家にするか考える
  • 高いハウスメーカーで立てられない場合、ローコストハウスメーカーを選ぶか、それとも地元の工務店にするか考える。

ひとことで言うと、掛けられる費用に対して家の大きさを考え、どこと契約するのかも考えると、なかなか一つの業者に絞れないことにもなるかもしれません。

考えがまとまらないまま地元の工務店に行くと、想像以上に安いプランを提案されて、あっさりそこに決めてしまうことがあります。

また、最初に入ったハウスメーカーの展示場で、営業トークに魅了されて、契約する気持ちが芽生えることもあります。

その流れのままに契約した場合、契約時はベストだと思っていても、多くのハウスメーカーや工務店と見比べて検討したわけではないため、契約後に後悔することがあるのです。

安いと思っていた価格も、他のハウスメーカーの価格を調べたらもっと安かったとか、同じ坪単価でも自分の家よりもっと高級な設備を入れることができたなどのことを、後から知ることがあります。それを契約後に知ってしまうと、もっと他の業者の意見も聞いてみればよかったと思うことは当然です。

後悔しないためにも、家を建てると決めてすぐに、工務店やハウスメーカーの展示場に出向いて話をする前に、家についての基本的な情報をあらかじめ集めておくことが大切です。

私は家を建てる時、それらの情報をしっかりと調べていたため、ハウスメーカー選びはあまり苦労しませんでした。

 

しかし家の情報を調べるのは面倒ですし、調べる時間もない方は、せめてカタログだけでも取り寄せて、各ハウスメーカーのイメージを膨らませておくことも大切です。

地元の工務店で家を建てたいと考えている方も、ハウスメーカーのカタログをもらうことは重要です。カタログは家のイメージを正確に伝え、性能や機能などもわかりやすく説明されています。家の基本的な知識を得ることが可能なのです。その知識があると、地元の工務店と話をするときもとても役に立つのです。

タウンライフ家づくりを利用するメリット

ハウスメーカー選びはよく考えるととても難しいのです。タウンライフ家づくりを利用すると、今まで紹介してきたハウスメーカー選びの難しさや注意点を、

すべて解決することができます。

タウンライフ家づくりを利用した場合、たくさんのメリットがありますから説明しておきます。

1)どのハウスメーカーが自分に適しているのか判断してもらえる

住宅展示場に出向いた場合、多くのハウスメーカーの展示場が立ち並んでいます。その中でどのハウスメーカーの展示場に入るのか、最初は迷う人もいるのではないでしょうか。

何となく良さそうだと思ったところに入ったとしても、予算や土地などの条件に合ったハウスメーカーではないことが多いのです。自分の予算でどんな家が建てられるのか、最初から正確に把握するのは難しいのです。

最初はわくわくした気持ちで、いろいろな展示場に入るでしょう。しかし「ここなら予算にも合うし、いい家が建てられそうだ」と思えるハウスメーカーに巡り合うには、結構な時間が必要になります。

展示場に一度入ると、最低でも1時間くらいは使ってしまいます。家族で出かけた場合は、一日で2~3社しか入れないことがほとんどです。手当たり次第に適当に展示場に入ると、予算やニーズに合わないハウスメーカーとの話に時間を取られることになり、無駄が出てしまうのです。


しかしタウンライフ家づくりを使うと、そのような無駄な時間をなくすことができます。

タウンライフ家づくりのサービスは、タウンライフ担当者が、予算や希望、土地の条件を元に、合ったハウスメーカーを選んで、そこに連絡してくれます。

条件をしっかり入力すれば、希望条件に合わないスペックのハウスメーカーや、高すぎたり安すぎたりするハウスメーカーは選ばれません。

3階建てにしたい希望を入れれば、3階建てにできないハウスメーカーは選ばれません。希望に合ったハウスメーカーがどこなのか、自分で考える必要がなくなるのです。

 

予算に合わないハウスメーカーの展示場に行くと、場合によっては冷たい態度をされたという話もあります。気分も悪いですし、時間も無駄になって疲れるだけです。

最初にサービスを利用することで、どのハウスメーカーが自分に合っているのか、知ることができるのは大きなメリットです。

2)間取りを作ってもらえると家のイメージが沸く

間取りを作ってもらえることは、かなりのメリットがあります。

すでに土地が購入してある場合は、その土地に合わせた間取りプランを無料で作ってもらえます。

自分の土地に合わせたプランですから、、土地の使い方の勉強になります。自分のための間取り図面がひとつでもあると、別のハウスメーカーや工務店と話す機会があっても、その間取りプランを元に様々なハウスメーカーと交渉できます。ここを同じにしてほしいとか、ここはこのように変えて欲しいなどと交渉できるのです。

土地がない場合でも問題ありません。おそらくどのような土地が欲しいのか、イメージがあると思います。そのイメージ通りに、HPの条件入力をすればいいのです。

3)カタログがもらえるので、勉強になる

カタログは様々な家のスペックや、家に対する考え方も書かれているため、見るだけで知識が豊富になります。知識が増えると、ハウスメーカー選びも正しくできるようになります。

壁や窓の性能や窓の性能など、伊野を立てるために知っておくべきことの勉強になります。

最終的にカタログをもらったハウスメーカーで家を建てなくても、地元の工務店で家を建てたとしても、もらったハウスメーカーのカタログを見ておくと知識が身に着きます。例えば窓の性能を知っていれば、カタログのスペックを提示して、同等の物がどのくらいの値段で入れられるのか、確認もできます。

カタログは家づくりの情報の集大成です。カタログを集めることは、ハウスメーカー選びで最初に行うべきことでしょう。

住宅展示場を回って、家を建てるには思ってよりお金がかかると思っているの時、地元の工務店ならハウスメーカーよりももっと安く家が建てられると知り、話を聞きに行ったところ、そのまま契約してしまう人もいます。

しかしその家は、性能の悪い家で見栄えだけのこともあるのです。カタログがあると、窓など家の基本的な性能などがわかるので、カタログを見せて「このカタログの家と同じ性能にできる?」と聞くなどすれば、安いだけで性能が落ちることがあっても判断できます。

カタログを持っていると有効に使えるのです。

なぜタウンライフ家づくりは、無料で手厚いサービスがあるの?

希望に沿ったハウスメーカーを選んでくれて、そのハウスメーカーからカタログが送られて来るだけでなく、間取りプランまで作って送ってもらえます。場合によっては土地まで探してもらえるのです。かなり手厚いサービスです。

これは何か裏があると考える人もいるかもしれません。

しかし何も心配することはありません。ハウスメーカーは一人のお客さんを得ることで、売り上げは1千万以上です。一人のお客さんを獲得するかしないかが、とても大きいのです。

そのため大手ハウスメーカーでは、自身の製造工程を見学する無料ツアーも組んでもらえるところが多いです。これは誰でも予約できます。

私もハウスメーカーを選んでいる時、大手のダイワハウスの工場見学に参加しました。

  • 近くの販売店に集合
  • バスで遠方の製造工場まで案内
  • 製造工場で製造過程の様子を見学
  • さらにテクノロジーなどのわかりやすい説明を実物を見ながら行われる
  • 食事はダイワハウス手配で無料
  • 見学終了後は販売店までバスで送迎

以上のような、かなりお金のかかるツアーを、顧客獲得のために行います。

このようにいくらお金を掛けても一人のお客さんを獲得したいという、家と言う高額商品ならではの考え方があり、タウンライフサービスのような、無料で手厚いサービスが受けられるものが存在するわけです。

懸念点

もちろんタウンライフ家づくりを利用するにも、懸念点はあります。

1)断りを入れるのが面倒

タウンライフ家づくりのサービスは、連絡してきたハウスメーカーと契約する気がなくなった場合、自分で断りの連絡を入れなければなりません。

断るのが苦手な場合は、ちょっと気になるところですね。

2)電話がしつこく掛かって来るのでは?

ネットの情報では、勧誘の電話がしつこいなどの心配をする人もいるようですが、土地探しでもカタログ請求でも、一度利用してしまうと、しつこく電話がかかり続けることはよくあることで、もう慣れている方もいるのではないでしょうか。

勧誘の電話を断るのが苦手だという方もいるかもしれませんね。

3)期待どおりの結果にならないこともある

家を建てようと考えた人が、いきなりこのサービスを利用すると、素晴らしいものだと思い込んでいるため、「思っていたのと違った」と思うこともあるようです。

タウンライフ家づくりを利用してみよう

懸念点を挙げてみましたが、それらはしっかりと考えることで解消できることばかりです。

数社の見積もりが届く場合、最低でも複数のハウスメーカーには、断りをしなければなりませんが、それもそれほど心配することではありません。

ハウスメーカー側からかかってきた時、断りを伝えるだけでいいのです。こちから断りの電話を入れる必要はありません。

確かに断りを入れるのは、申し訳ない気持ちを持ってしまう善良な方もいると思います。しかしハウスメーカーで家を建てる場合でも、地元の工務店で家を建てる場合でも、打ち合わせをしっかり行います。

その時に自分の意見をしっかり主張できることが大切です。相手は儲けるために必要ない高額な設備を押し付けてくるかもしれません。そのような場合には毅然として断ることが必要です。

ハウスメーカー選びの時点で、意中ではないハウスメーカーに断りを入れるくらいのことができなければ、家を建てるための打ち合わせでも、思ったことを相手に伝えることができないでしょう。

その練習をする意味でも、契約する気のないハウスメーカーに断りを入れることは、打ち合わせの練習をすると思って頑張ってみましょう。

 

電話がしつこくかかってくることも同様です。相手からかかってくる電話ですから、断りやすいです。

ハウスメーカーでもはっきり断れば、それ以上しつこく契約してほしいと言い続けることはありません。

私もハウスメーカー選びでは、複数のメーカーと話をしていました。結局は一条工務店で家を建てることに決めたのですが、それ以外のところにはお断りを入れました。

お断りを入れた後に、しつこく電話を掛けてくるハウスメーカーは、ただの一社もありませんでした。

はっきり断ればいつまでも契約を迫る電話を掛けてくるところはありません。その点は心配しなくてもいいでしょう。

 

希望のプランが届かないという問題ですが、その多くは、依頼側(客側)がタウンライフ家づくりに、正しく情報を伝えていないことから起きています。

すでに土地が決まっているとか、予算もはっきりしている方は、入力も迷うことなく行えるでしょう。

入力内容が的確であれば、納得できるプランクが送られてくる可能性は高いです。最近は見かけなくなりましたが、少し前まで様々なサイトで「タウンライフ家づくりのサービスは、あまりよくなかった」という書き込みがありました。これは送られてくるプランなどに期待し過ぎていたことと、入力内容が的確でないことが多いようです。

予算が少ないのに、コンクリート造りの家を建てたいとか、大きな家がいいなどという希望を書けば、それに見合ったプランを作ることができず、送られてきたプランは予算に見合ったものになります。するとコンクリート造りの希望は木造に変えられていて、大きな家を建てたいのに、小さな家の間取り図面が届くことになるのです。このようなことで不満を持つことが多いようです。

しかしすでに建てようとしているハウスメーカーがおおよそ決まっている方は、予算もしっかり決まっているので、それを正しく入力すれば、希望とかけ離れたプランは送られて来ることがないでしょう。

すでに購入した土地があれば、その図面を正確に伝えましょう。

土地がなければ、「自分はこんな土地が欲しい」という希望を、伝えてみましょう。ただしこの場合は、予算に見合った「希望の土地」を伝えてください。予算をはるかに超えたような大きな土地を伝えた場合、その土地に合わせてプランが作られてしまうことがあります。

そうなれば当然、現実と見合わないプランが届くのです。

タウンライフ家づくりの入力フォームは手軽に入力できる半面、しっかり考えて入力しないと、残念な結果になることもあります。

家づくりは多方面から考えよう

タウンライフ家づくりは、ハウスメーカーを探す一つのツールとして考えましょう。

地元の工務店やハウスメーカーの展示場を回りながら、タウンライフ家づくりを利用することが最も望ましいと考えます。

私はタウンライフ家づくりを利用したことはありませんが、火災保険を選ぶときは、ほけんの窓口の店舗にも行きましたし、一括見積もりサービスも利用しました。多くのサービスを利用した中で、最もいい物を選んだのです。

家という高額な買い物をするのですから、ハウスメーカー選びは絶対に失敗が許されません。タウンライフ家づくりでハウスメーカーを選ぶのではなく、たくさんある方法の一つとして、気楽にタウンライフ家づくりも利用してみるという感覚でもいいと思います。

 

後悔のないハウスメーカー選びをするためにも、優良な一括見積もりサービスであるタウンライフ家づくりを利用してみることをおすすめします。

-ハウスメーカー選び

Copyright© ゆとらいむ 子育てと暮らしweb , 2021 All Rights Reserved.