【2019年最新】太陽光発電システムの導入について詳しく紹介 

太陽光発電システムを今、導入するべきでしょうか? 私は「導入すべき」と判断します。

太陽光発電システムの導入は、2009年~2010年には1kw/h当たりの売電価格が48円もありました。このころは売電価格が高額で、「絶対に儲かる」と言われていました。

それから年々買取価格が下がっていき、2019年では1kw/h当たりの売電金額がわずか2010年のちょうど半分の、24円になってしまいました。そんな状況でも太陽光発電システムは導入すべきなのです。

売電価格が下がっても利益が出る理由

太陽光発電システムを設置する理由は、売電で利益を出したいと考える方がほとんどだと思います。

しかし売電価格が大幅に下がった今、太陽光発電システムを導入しても、儲けられないと考えたり、もっと早く設置すればよかったと後悔したりする方もいるかもしれません。

しかし、太陽光発電システムは今設置を決めても損ではないのです。大きな理由は、導入費用は、売電価格に比例して下がっているからです。

太陽光発電システム導入の、一括見積もりサービスである【ソーラーパートナーズ】の調査によると、2009年には売電価格が1kw/h当たり48円でした。これは2019年度の売電価格のちょうど2倍になります。しかしソーラーシステムの設置費用も、2倍もかかっていたのです。


太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】

簡単にまとめると、2009年の設置費用に対して、2019年は設置費用が約半分になりました。売電価格が半分になっても、設置費用も半分になっているので、間違いなく収入は得られるということです。

それ以外にも、初期投資の金額が下がるわけですから、少ない予算で太陽光発電システムが導入できるのです。

新築と同時に太陽光発電システムを設置したい人は特に、少しでも家にかかる予算を減らしたい気持ちがあるでしょう。設置価格が下がることで、以前よりも気楽に太陽光発電システムを導入することができるのです。

このことはソーラーパートナーズのHPで詳しく紹介されていますので、上に紹介したリンク先でご確認ください。

太陽光発電の電力はいつまで買い取ってもらえる?

現在の法律では、2019年に太陽光発電システムを設置した場合、10年後の2029年までは確実に買い取ってもらえることが決められています。その間に売電価格は変わりません。しかも10kw/h以上の太陽光パネルを設置した場合は、20年後の2039年まで買取してもらえます。

その期間を過ぎてもに電力を買い取ってもらえるかは未定ですが、売電価格がゼロになることはないと予想します。

また、売電価格が大幅に下がったり、ゼロになったりした場合でも、ソーラーパネルで発電された電力を自分で使うことができます。電気自動車の充電や、各電化製品を昼間に電気料金を気にせず使うことができるのです。

太陽光発電システムについて

太陽光発電システムについての基本知識がないと、どの業者がいいのかまったくわからないと思います。

私も様々な情報を集めてみましたが、わかりやすいのは先ほど紹介した【ソーラーパートナーズ】のサイトです。

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】

このサイトでほぼすべての情報が手に入ります。

設置業者の一括見積もりサービスですが、自社の太陽光発電を宣伝しているようなサイトではありません。設置業者を選ぶときの注意点までしっかり書かれており、とても信用できるサイトです。

太陽光発電に興味のある方は、一括見積もりをするかしないかは別として、知識を得るためにも一度サイトを訪れてみることをお勧めします。

ソーラーパートナーズに記載されていないポイント

太陽光発電システムを設置するにあたり、業者を選ぶときのポイントで、ソーラーパートナーズのHPにはあまり詳しく書かれていない重要なポイントがあります。

太陽光発電システムを導入する場合、設置業者からどのくらい発電されるのか計算されて伝えられるはずです。

その計算方法が、しっかりされているのか確認する必要があります。

ソーラーパネルの発電量だけでなく、その他に住んでいる地域やパネルの角度など、様々な要素を含めて計算しないと、予想発電量は正しくないことになります。

業者より出された発電量の計算方法が正しいのか、自分で確認したいと考える方のために、発電量の計算について、これから紹介していきます。

太陽光発電の発電量の計算について

設置業者より月々の発電量が計算されます。それを見て、太陽光発電パネルの能力の違いだけだと考えてはいけません。太陽光発電の発電量は、様々な角度からしっかりと計算する必要があるからです。

単純計算で簡単に予想発電量を提示してくる業者と契約すると、実際の発電量が予想発電量よりも大幅に少なくなり、がっかりすることにもなりかねません。

太陽光発電システムはとても高価です。何年で導入費用が償却できるかは誰もが気にするところです。

10年で減価償却できると言われると、何も考えずにその通りだと考えてしまいがちですが、数々の考慮しなければならないマイナス要因があります。それがシミュレーションに組み込まれているかは確認することが必要です。

パネル単体の発電量だけではなく、その他に発電に影響のある要素について、これから紹介していきます。

太陽光パネルの劣化

太陽光パネルは経年劣化が起きます。これは避けられないことです。原因の大きな要因は、パネルのガラスに汚れが付着して発電モジュールに届く光が遮られることです。

汚れを取るために洗い流したいところですが、注意が必要です。

水道水を使うと水道水に含まれるカルキがパネルに付着してしまい、繰り返しているとパネルを曇らせる原因になってしまうことがあります。

浴槽や洗面台にどうしても取ることのできない汚れが付着してしまうことがありますが、それと同じようなことが太陽光パネルにも起こり得るのです。

特に太陽光パネルは黒色で太陽に当たって熱を持っています。その状態でカルキの含まれた水をかけたら、水分がすぐに蒸発してパネルにカルキがこびりつきます。簡単に太陽光パネルを水道水で掃除することはできないのです。

ひとことで言えば、汚れが付着するのをただ見守るしかないということです。

そのうち太陽光パネルを磨くビジネスが現れるかもしれませんね。平地に設置された太陽光パネルならば、清掃するのも問題ないですが、普通の屋根の上に乗って作業する場合は、相当な作業料金を請求されそうです。

いろいろな太陽光パネルを販売するメーカーがあると思いますが、減価償却シミュレーションでパネルの経年劣化を考慮していないところは要注意です。

また、いくら経年劣化を考慮していても、予想以上の劣化が急激に来る可能性は否定できません。太陽光パネルは次々に新しい物が開発され、現時点で搭載される新品の製品が、10年間の顧客データを分析しての経年劣化値であるはずもありません。

今搭載される予定のパネルは、長くても数年前に開発されたもののはずで、数年間のデータしか取れていないはずですから。

おそらくメーカーが提示する経年劣化データは大きく違うことはないとは思いますが、その点も考慮して10年後までも同じ劣化曲線が続くかどうかは正確にはわからないということです。そのあたりの事情も、最大限考慮した予想売電金額を設定する業者は、信用できると判断できます。

地域による発電効率の違い

契約している太陽光発電メーカーは、地域による発電効率を提示しているでしょうか? 日本全国一律で発電効率が同じではありません。

東北は日照時間が少ないですし、豪雪地帯は雪がパネルに積もった場合は、著しく発電量が落ちます。火山灰が降り注ぐ地域も同様に、パネルに積もった灰のために発電効率が落ちます。

この点をしっかり算出した上で、減価償却シミュレーションが計算されていなければなりません。

日照時間なども含めた地域の要因を考慮したサイトが、以下のリンク先にあります。気になる人は参考にしてください。

NEDO 国立開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構

太陽光パネルの角度の違い

上に紹介したNEDOの日射量データベースのサイトに、地域ごとの最も適した太陽光パネルの角度が示されています。平地などに太陽光パネルを設置する場合は、最も適したパネル角度にしてもらえるか確認しましょう。

また、家の屋根にパネルを設置する場合は、設置角度は屋根の角度に等しくなります。とうぜんベストな角度ならないことがほとんどだと思われます。最適な角度に対してどれほど違いがあり、それに対する発電効率の低下を計算する必要があります。

この計算がされていない太陽光発電メーカーは要注意です。

またパネルの角度に合わせて、太陽光パネルの向きによる発電効率も考える必要があります。

パネルの向きは真南がベストの方位だと言われていますが、それからズレた角度で設置すると、当然のことながら発電効率は落ちます。

これらがすべて計算されている必要があります。

その他の注意点

パワコンの交換

減価償却シミュレーションには直接は関係ありませんが、太陽光発電システムでは経年劣化で交換しなければならないパーツがあります。それがパワコンと呼ばれるものです。

太陽光パネルから発電されたものを売電するためには、パワコンが必要です。パワコンとはパワーコンディショナーを約したものです。

機能を簡単に説明すると、直流の電気を交流に変換する機械です。発電された電気は直流電流ですが、家庭用の電気は交流です。直流を交流に変換しないと売電はできないのです。

このパワコンには、寿命があります。一般的には10年と言われていますが、実際はもう少しだけ寿命は長いようです。それでも実働で20年は持たないと言われていますから、20年間売電を続ける場合は、必ず交換が必要になります。交換費用は20万くらいは最低でもかかると言われています。

このパワコン交換費用も考慮しておかないと、故障した時に思わぬ出費となりがっかりしてしまうことになりますので、設置業者に保証や交換費用について確認しておく必要があります。

屋根の上に太陽光パネルを載せるということ

太陽光発電パネルを屋根の上に乗せる場合は、家の耐久性について考えておく必要があります。

屋根に重い太陽光パネルを載せるわけです。当然家の上部が重くなります。地震の時には間違いなく不利になるでしょう。上が重い家が激しく揺れたら、揺れも建物の損傷も大きくなるでしょう。

また重いものが屋根に乗っているだけで、間違いなく家には余計な負担がかかり、変形によって扉の開け閉めに不具合が出たり気密性が落ちたりしやすくなります。

近年の新築物件は頑丈にできているから気にすることはないと考える方も多いでしょうが、太陽光パネルが載っている家と載っていない家では、ほんのわずかかも知れませんが、建物の劣化は載っている方が早く進むのは避けられません。

太陽光発電システムを新築時に採用するべきか?

私はいろいろ考えた上で、新築した家の屋根に太陽光発電システムを屋根に乗せることにしました。ただし決断するまでにはかなり悩みました。

費用がぎりぎりであったことは一つの理由ですが、それ以上に、太陽光発電システムについての魅力が感じられなかったからです。

上記に上げたように故障のリスクはありますし、買い取り価格も大幅に下がってしまいました。なくてもまったく困らない設備だと思っていました。それでもどうして採用を決めたのか、少しだけ説明しておきます。

私は一条工務店と契約を結び家を建てました。

一条工務店で屋根に太陽光パネルを載せた場合、屋根の代わりに太陽光パネルが敷き詰められることになります。

普通の屋根の場合はメンテナンス費用が掛かるのですが、太陽光パネルを載せた場合は、ずっと乗せっぱなしでいいのです。つまりメンテナンス費用が掛からないからなのです。

普通の屋根だと15年に一度は屋根の補修をする必要が出てきます。屋根の補修は足場を組むだけで大変な費用になります。修繕費はおそらく40万くらいかかるのではないでしょうか。

太陽光パネルを屋根に載せた場合、15年で屋根の修繕をする必要はなくなります。私が太陽光パネルを載せたのは、これが大きな理由です。もし私が一条工務店以外のハウスメーカーで家を建て、普通の屋根の上に太陽光パネルを載せるプランを提案されても、間違いなく採用はしないでしょう。

また、太陽光パネルを乗せることで屋根の重量が上がるかもしれませんが、もともと家には屋根が必要で、その屋根には雨漏りしないように、瓦などが乗せられます。それは決して軽くありません。それらの屋根に使われる瓦などの機材の代わりに太陽光パネルが乗るわけです。太陽光パネルがそのまま重量増加になるのではなく、屋根の機材を止めて、代わりに太陽光パネルを乗せるため、重量増加はないと思っています。

また、太陽光パネルを乗せた理由の一つに、天気が良い日は売電量が増えて気分がいいと思えることもありました。

真夏には暑くてたまらなく感じることも多いです。そんな時に「我が家ではこの暑さの代わりに今日はたくさん太陽光パネルが発電してくれているから、儲かる」と思えることで、普通ならば嫌になる暑さが、逆に楽しみにも変わるかもしれないと思ったのです。

太陽光発電を設置した感想

一条工務店の減価償却シミュレーションはとても優秀で、予定よりも3割くらい多い発電量になっています。おかげで月に3万くらいの不労収入が得られ、大満足しています。

それ以外にも、太陽光発電を設置して入居後にとても役立ったことがありました。

台風の強風で私の住んでいる街では電柱が至る所で倒れ、大規模な停電が発生しました。その時に太陽光発電があったため、トイレも冷蔵庫も使え、クッキングヒーターで料理を作ることもできました。

太陽光発電は、停電時に大活躍してくれます。停電時に最低限の電力確保ができるという安心感があることは、とても大きいです。

まとめ

新築と同時に太陽光発電システムを搭載する方も多いと思います。

その場合、家の打ち合わせや外構の打ち合わせなどで、へとへとになることもあるかもしれません。

太陽光発電システムを導入するにしても、よくわからないままメーカーの言うままに契約してしまうこともあり得ることです。

しかし何も考えずに契約することは危険です。

先に挙げた内容が減価償却シミュレーションで計算されていないため、それをしっかり説明できないソーラーパネル設置メーカーとは契約しない方がよろしいかと思います。

太陽光発電に興味を持っている方は、様々な業者があってどこを選ぶか迷いますよね。多くの業者から見積もりをもらい、その中から選ぶことがベストだと考えます。

太陽光発電システムに興味のある方は、一括見積もりサービスを利用してみたらいかがでしょうか? 

先ほどから紹介しているソーラーパートナーズならば、無料で複数の設置業者から見積もりが届くだけでなく、たくさんのサービスが受けられる上に、太陽光発電システムの疑問点がすべてわかりやすく説明されているので、知識を得るうえでもとても役に立ちます。

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】

 

皆さんが満足できる判断をされることを祈っています。