自動車保険を安く契約 ネット型自動車保険一括見積もりサービスを利用しました

自動車保険はネット型の自動車保険を利用する人が増えてきました。

しかしまだネット型自動車保険に切り替えていない人も多くいます。話を聞いてみると、主に以下に挙げた3つの問題のため、ネット型自動車保険に切り替えることがないようです。

  • ネット型自動車保険に切り替えると、どのくらい安くなるのかわからない
  • ネット型自動車保険では担当者がすぐに駆け付けてくれないためいざという時に不安
  • 今まで継続して同じ保険に入っているため、保険会社が変わると保証が変更になりそうで心配

これらの疑問や不安について、ひとことで言うと「劇的に保険料が安くなるだけで、不安な要素はまったくありません」と言うしかありません。現在のネット型自動車保険は、契約料も安価で事故時の対応も何の文句もなくすばらしいものです。

保険料が安くなる

私も今回、一括見積もりサービスで保険会社を決めました。一言で言うと、とても安くなりました。

私はチューリッヒ保険を選びましたが、今までの保険よりも2万円ほど安くなりました。

妻を保険の対象に入れた場合、以前の保険だと大幅に保険料が上がりました。しかし一括見積もりサービスで紹介された保険会社の保険料は、以前の保険で妻を保険の対象に入れていなかった時と同等以下になったのです。

ネット型自動車保険に加入して、どれだけ安くなるか確認したい方は、インターネットで自動車保険の一括見積もりサービスを利用すると、安い保険会社がすぐにわかります。

事故時のレスポンスはとてもいい

インターネットの自動車保険は、地域密着の保険会社と違い、レスポンスが悪いのではないかと思う方もいるかもしれません。しかしそんなことはないのです。

実は2年ほど前、自転車で通勤中に、ウズベキスタン人の乗るアクアに突っ込まれました。自転車は大破し、私は一週間の静養という診断がされました。幸運にもウズベキスタン人はチューリッヒの自動車保険に入っていました。しかしウズベキスタン人は保険は使わないと言い出して少し揉めそうになりましたが、チューリッヒの担当者が実にうまくやってくれたおかげで、円満に解決しました。インターネットで契約する自動車保険もしっかりしていると実感することができました。

友人もSBI損保に入って事故処理をしたそうですが、しっかりやってくれたと言っています。このような情報から考えても、インターネットで保険会社を決めることは悪いことではないのです。

補償内容がとてもわかりやすい

ネット型自動車保険は、補償内容がとてもわかりやすいです。私が以前入っていた自動車保険は、追加でどのような補償内容があるのか説明がありませんでした。そのため自転車運転時の補償や、家財道具が壊れた時の補償などが、自動車保険の中の補償内容として設定されていることを知りませんでした。

しかしネット型自動車保険は、契約するときに細かな補償内容まですべて決められます。どんな保証が付けられるのか、とてもわかりやすく表示されています。

補償内容の点でも、ネット型自動車保険を選んでおいて損はありません。

どこが安いのか探す

ネット型自動車保険は今では数多くの会社が参入しており、どこに加入すればいいのか難しいものです。

そんな時には、自動車保険会社の一括見積もりサービスを利用してみましょう。

私は「ほけんの窓口インズウェブ」の一括見積もりサービスを利用して、契約する保険会社を決めました。

今回紹介する一括見積もりサービスは、費用は一切かかりませんので安心して見積もり依頼ができます。気に入った保険がなければ契約しなければいいのです。見積もりをしてもデメリットなにもはありません。保険料を節約したいと考えている方は、ぜひ自動車保険の切り替え時には、一括見積もりサービスを利用することをお勧めします。

様々な自動車保険の一括見積もりサービスがありますが、私は「ほけんの窓口インズウェブ」の一括見積もりサービスを利用しました。SBIネット銀行やSBI証券などの事業を持つ、SBIホールディングス株式会社が行っているサービスなので、安心です。

上図の有名自動車保険会社をはじめとして、20社の中からあなたに最も条件の良い保険会社を決めて見積もりしてくれます。

⇩ ⇩ ⇩

自動車保険一括見積もりサービスで保険会社を決めた

自動車保険を選ぶときの注意点

自動車保険を選ぶときには気を付けなければならないことがあります。

自動車保険を決めるのは、「見積もりを出してもらい、一番安い保険会社に決めればいい」という単純なものではないのです。。

各社、自動車保険には様々な保証が付きます。その保証がすべて同じものではないのです。

例えば、一番安い保険料を打ち出してきた保険会社のプランに、原付バイクを運転するときの保証を加えたいと考えたとします。A社では保険料が20,000円だったので一番安いと思っていたのですが、原付バイクの保証を付けると35,000円になってしまいました。しかしB社は最初の見積もり時は保険料が22,000円でA社より高かったのですが、原付バイクの保証を付けると32,000円となり、A社よりも保険料が安くなることがあります。

その他にも、他の見積もりではほとんどが20,000円前後の保険料だったのに、一社だけ25,000円の保険料で、高くなっていることがあったとします。しかしその一社は、自転車での事故の補償が付いていたり、歩行中の事故までも保証されるような契約内容になっていたりして、保証内容が一社だけ多岐にわたっていることもあるのです。

インターネットで保険会社を探すことは、間違いなく保険料を下げられることは間違いありません。しかしあっさりと保険会社を決めてしまわずに、細かいところまで目を配って、保険会社を決めたほうがいいということです。

どうすればいいのか?

それではどのように保険会社を決めたらいいのでしょうか。

  1. 最初にインターネットで一括見積もりをして、安い保険会社のプランを確認します。
  2. 保険会社から見積もりについてのメールが送られてくるので、そのメールに付けられたHPのアドレスをクリックして、自分の契約ページに進みます。
  3. 自分のページを見て、保険内容をもう一度確認し、細かなところまで自分の欲しい保証を付けたうえで、もう一度保険料計算をします。
  4. 一括見積もりしたすべての保険会社で3のように保険料を再計算し、一番安いところを選びます。

※安いところを選ぶだけでなく、契約した人たちのレビューも確認したほうがいいでしょう。

自動車保険一括見積もりサービスをするための準備

一括見積もりサービスで必要事項を入力する前に、車検証と今までの保険証を用意しておきます。これがないと入力できない項目があります。からなず用意してください。あとは走行距離も調べておいてください。

それだけ準備しておけば、普通ならすべての項目の入力が可能です。

一括見積もりサービス開始

一括見積もりサービスをしてみました。

入力は先ほど説明したとおり、車検証と今まで契約していた保険証があれば、入力できます。車の走行距離も確認しておくといいでしょう。

すべて入力すると、「見積もりをGET」というボタンが出るので、これをクリックします。

すぐに各保険会社の見積もりが、同HP上で見られます。

自動車保険見積もり後

登録しておいたメールアドレス宛に、各社から見積もりの知らせが送られてきます。

それを開いて確認します。

一括見積もりサービスで入力した内容と、少し違った商品を紹介されていることもあります。メールアドレスから入った各保険会社のサイトで、もう一度保証内容について、入力しなおすといいでしょう。

まとめ

インターネットで契約する自動車保険は、かなり安く契約することが可能です。

一括見積もりは無料です。見積もりをすると登録したアドレスに、少しだけ案内のメールが届きますが、うるさいほど多くはありせん。見積もりをしてデメリットはありせん。まずはサービスを利用して、気に入ったら契約するというスタンスでいいと思います。私も軽い気持ちで見積もりをしましたが、安く契約できて大満足です。

皆さんもいかがでしょうか?